エピレーシック前

無料説明会と適応検査


そして午後、適応検査を予約しておいたので神戸クリニック三宮へ行く。
地下のグルメ街にあるのでそれはもうにぎやかなんだけども
クリニックの中は白くて静かで別世界。キンチョー。
検査の担当になったNさん、なんとなく慣れてないオーラが出てるなあ。

机の下のプリンタの紙を取ろうとして机に頭ぶつけてるし。

もしや天然Σ(´□`)

慣れてないっぷりを惜しみなく披露するNさん、
眼圧を測る機械に敗北する私、
視力検査は右0.04、左0.05(乱視有)

そうこうしてるうちに、あの検査がきた。
点眼麻酔をして、ペン先みたいなのを眼球に当てて角膜の厚さを測るといく機械。
点眼をして
機械をあてる
ぴぴっ
ぴぴっ

何度もやってるね
目の前波打ってるのわかるね
ぴぴっ
ぴぴっ


ついに別の人が出てきたよ。・゚・(ノ▽`)

とりあえずそれも済んで、結果発表。

等高線のある地図みたいな角膜形状のデータを見せてもらいつつ
「角膜の形がいびつです(´ー`)」

左目は乱視だから山がふたつあるのはいいとして(よくないけど)
右目、山のてっぺんが真ん中より下にずれてるよ!Σ(´□`)

ドライアイなどで形がいびつになってるということもあるので、
後日再検査ということになりました。
えーん、やるやらない以前に、不可能という可能性も出てきた。

角膜の厚さを訊いたら、平均より薄いということで
(平均500以上あるものが、480いくらしかない)
「出来るとしても、レーシックは無理でエピレーシックですね。」

え、あの術後とても痛くて治るのも遅いアレですか!Σ(´□`)

それしかできないというなら腹くくるけど、
再検査で不可能判定出たら悲しいなあ、と思いつつ、
しばらくは仕事中も目薬を欠かさないようにして注意することにする。
ちなみに、Nさんはやはり研修中の新人さんでした(´ー`)

不可能になったら、ここまで書いたの無駄になるなと思ったけど、
レーシックのブログで、検査したけど不可能でしたリポートってのもないと
思って、このまま書くことにしました~。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソンカメラン

    カメランの富山マラソン2017 その1
  2. 徒然2017

    ラン友さん方と神戸ランチ(走りゼロ)
  3. 徒然2017

    初めてのUSJ・前編
  4. マラソンカメラン

    カメランのスプリングチャリティinみなも2014
  5. マラソン応援

    第5回大阪マラソン2015・必死のパッチで応援 その6
PAGE TOP