徒然2016

明石海峡海上ウォーク2016

2016年5月22日(日)
年に2回、4日間しか開催されていないという、
明石海峡海上ウォークに申し込んだら当選したので、
歩いてきました。
大人2500円
小学4年生~中学生以下1500円

160522002
舞子公園の、橋の科学館で受付。

160522001
アンカレイジがよく見えます。
ここに、ワイヤーが止められています。

160522003
受付したらもらったもの。
カメラはストラップに着けて首から下げて下さいとのこと。
私のカメラはマラソン用にいつもストラップがついているので無問題。
あとは、スマホ用のひも付きカバーを貸出してました。
私はスマホ持ってないし、ガラケーすら持ってきてないので無問題。

160522004
橋の科学館の中に入ると、
明石海峡大橋の模型やら実際の部品やら説明やら映像やらがあって、退屈しません。
歩く前に見ておくのがベストですね(・∀・)

160522005
この細いワイヤーと束ねて、六角形に束ねて、

160522006
ハニカム構造にしてさらに束ねているのが、つり橋のケーブル。

160522007
160522008
アンカレイジのたもとで集合して、
ヘルメットをかぶります。
1グループ約120人で、30分ごとに出発、
10グループいるので、スタートだけで5時間かかるのね。
私は3班目だったので早めで良かった。

160522009
地上40m、ビル7階相当まで階段で登ります。
間違いなくここが一番しんどい。

 

160522010
到着!

160522011
一番前を陣取る私。
あ、しゃがんでますよ( ̄▽ ̄;)

160522012
シャッターが開くと敵が襲ってきそうな気がします(ゲーム脳)

160522013
開いたー(*゚∀゚)=3

160522014
ここの部分にも通路があるのですが、
これはアンカレイジ部分に「舞子海上プロムナード」という施設があり、
通年営業していて大人310円(平日250円)で何時でも歩けます。

160522015
おーいヾ( ゚∀゚)ノ゙

160522016
下、まだ陸地。

160522017
海キタ━(゚∀゚)━!

160522018
陸地から離れます。
左側。

160522019
右側。

160522020
4トントラックが通れる通路だそうです。

涼しくて快適。

160522021
橋の鉄骨に、

160522022
番号ふってます。
Wはウエストだと思われます。
左っ側はEだったので。

160522023
船も普通に通ります。

160522024
上は車が通ってます。

160522025
主塔の土台が見えてきました。
海が見えるより、こういう人工物が見えた方が高さを感じてドキーッっとする。

 

160522026
神戸側の主塔。

160522027

160522028
阪神大震災の時は、この土台が1mずれたそうです。
一番前を闊歩しているので、係りの人と話しまくり(゚∀゚)

160522029
一番前を闊歩しているのでわかりにくいですが、
こんなにたくさんの人で歩いています。

160522030
あみあみの部分を歩くのは全然大丈夫なんですが、
この接続部分につま先とかかかとが入ると、ドキーッとします。

160522031
100個目

160522032

160522033
編み編み部分をずーっと見ていると、
脳が編み編み部分の処理を省略していって見えにくくなり、
それ以外の部分が妙にはっきり見えるようになる不思議な感覚。

160522034
横とか上の通路も点検の時には通るのですね。

160522035
船が通ると高さを感じる。

160522036
淡路島側の、主塔。

1605220337

1605220338
釣り船が来ています。

1605220339
主塔土台部分には波消しの鉄板がたくさん入れてあるので、
魚が一杯集まってくるそうです。

1605220340
この通路の左は水道管、右は電気線、下は通信ケーブルが通って、

1605220341
そして上は道路。

1605220342
こういう隙間からちらっと車が見えます。

1605220343

1605220344
水道管。

1605220345
この機械は橋の外側点検のための装置で、
レールを伝って移動するそうです。
左右にあります。

1605220346

1605220347
いよいよ淡路島側が見えてきました。

1605220348
休憩を入れつつ、1時間半ぐらいかかります。

1605220349
完歩缶バッチ頂きました。

1605220350
淡路島到着!お疲れさまでした。

歩くのは全然平気なんですが、
ここまで来てからシャトルバスと高速バスを乗り継いで
舞子まで帰る方がしんどかった(;´∀`)

関連記事

  1. マラソン応援

    姫路城マラソン2016・必死のパッチで応援 その1

    2016年2月28日姫路城マラソンを必死のパッチで応援して…

  2. マラソン応援

    奈良マラソン2016 必死のパッチで応援

    他の年の奈良マラソン関係20142012…

  3. 読書の時間

    「ボランティアバスで行こう!」友井 羊

    東北で大地震が発生した。様々な支援が行われ、バスをチャータ…

  4. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2016 その4

    カメのようなゆっくりでカメラ構えてぎりぎり完走記。名古屋ウィメンズ…

  5. 徒然2018

    富山のチューリップ

    富山マラソンの時に、マラソンのメッセージを書いてチューリップの…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソンカメラン

    カメランの第1回淀川寛平マラソン2013 その6
  2. マラソン応援

    第3回神戸マラソン2013・必死のパッチで応援 前編
  3. マラソンカメラン

    カメランの姫路城マラソン2015 その5
  4. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2016 その9
  5. マラソンカメラン

    カメランの姫路城マラソン2018 その2
PAGE TOP