家族旅行

真夏のバーベキュー2012

このめちゃ暑い中、真昼バーベキューに行ってきました。
姉家族が行くのですが
私と母親が一緒に行くのはつまり雑用係と財布ですよ(;´▽`)

去年行ったところと同じなのですが、
去年は暑くて暑くてもう大変でした。
もちろん今年も暑いのですが、
運良く朝も涼しくて湿度の低い1日となりまして
日陰であればめっちゃ過ごしやすい日でした。

炭をおこしてまずやっとくのが
飯盒炊爨です。
水の量と炊き具合を判断するのは私w
ここだ!と思った(カン)ところで火からおろしてひっくり返す。
08092
蒸らしています。
キャンプの時とかこのひっくり返している間に
飯盒の底を草でゴシゴシしませんでしたか(ノ∀`*)
今は薪じゃなくて炭を使うせいかあんまりススがつかないんですね。

 

さー焼け焼け食え!
甥っ子2人は3歳と6歳の、とにかく食べないお年頃。
去年の甥っ子(5歳)はなかなかひどかった。
焼いている間は「これたっくんの!これもたっくんの!これも(以下略)」
と、お皿を満載にした挙句、食べない。
そしてラストの焼きそばになった時に
「焼きそば!焼きそば!たっくんの!!」
と大騒ぎした挙句、食べない。
帰りの車の中で
「焼きそばたべる…(´・ω・`)」
…(-_-メ)

08091

野菜は私が準備して持って行くから
おねーちゃん肉は持っていってねと言っといたのでがんばった。

とにかく現場での作業は焼くだけ食べるだけの最小限に。
持っていった野菜
・きゅうりと玉ねぎの浅漬け(前日準備・塩麹とだし醤油を入れてジップロック)この浅漬けは好評。
・レタス(洗ってちぎってコンテナ)
・プチトマト(洗ってヘタをとってコンテナ)
・キャベツ(適当な大きさに切って、塩昆布をまぶしてジップロック)焼いても焼かなくても旨い
・ピーマン(へたとって切っておいてあとは焼くだけ)
・人参、かぼちゃ、とうもろこし(切って蒸しておいた)ささっと焼くだけで大丈夫
・玉ねぎ、なす、しいたけ、エリンギ、イカ(にんにくと味噌とみりんのタレをかけてホイル焼き)

姉「肉あんまり買ってないから( ゚Д゚)」
ということなので私は自分で持っていったものをひたすら食べましたw

そして忘れかけた頃、
「ご飯は?」
という言葉に思い出して飯盒をひっくり返す。

ドキドキ…(´Д`;)

08093

おお!
なんという上出来!!(゚∀゚)
おこげも最小限!
すばらしい!
そして美味しかった!
やはりご飯が美味しいと万事OKだな。

 

ビュッフェランチ「里山dining野の宴」前のページ

アンパンマンご飯次のページ

関連記事

  1. 徒然2020

    奈良ホテルに泊まる奈良旅行2020その2

    その1はこちら奈良ホテル続き写真スポットここも有名なフロ…

  2. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2012 その4

    カメのようなゆっくりでカメラ構えてぎりぎり完走記。名古屋ウィメンズ…

  3. マラソンカメラン

    カメランのとくしまマラソン2012 その8(最終回)

    カメのようなゆっくりでカメラ構えてぎりぎり完走記。とくしまマラソン…

  4. 家族旅行

    津山でまったりキジ鍋2011年

    母親が橋幸夫のコンサートで津山に行くってことで、どうせなら1泊しよう…

  5. マラソン・その他

    第2回赤穂シティマラソン大会まであと16日

    第35回もみじの里ハーフマラソン大会まであと9日、そして第2回…

  6. 徒然2012

    ライオンキングのキャンペーンに当選

    ライオンキングのブルーレイと、劇団四季のライオンキングCDを購入した時…

コメント

    • NIBARIKI
    • 2012年 8月 10日

    何とまあ、飯盒で炊いたご飯の美味しそうなこと!!

    ちなみに我が家の子供たちはガールスカウト・ボーイスカウト出身?なので、飯盒は得意らしい。

    アノ阪神淡路大震災でも慌てず「飯盒さえあればご飯が炊ける。火もおこせる」と胸を張ってましたっけ・・・。

    ”飯盒の底を草でゴシゴシしました”。
    いっつもそうしてススを落としてましたよね。

    そっかー、今はあんまりそういう必要も無いんやね~。

    お疲れ様でしたー(_´Д`)ノ~~オツカレー!!

    • 明宮村
    • 2012年 8月 10日

    飯盒ご飯美味しかったですよん。

    お子方はボーイスカウト経験者ですか!
    いいですねぇ。
    緊急時に落ち着きがあるっていいことです。

    私は入ってはなかったのですが、
    小学生の頃カブスカウトに兄が入ってて、
    そのお世話におかんが行ったりするので
    ちびっこの私はついて行ってたんです。
    ただついて行っているだけですが、
    トーチ持ってキャンプファイヤーとか歌(笑)とか
    飯盒でご飯炊いてカレーを食べるとか
    そういうことに馴染んでいました。

    薪だと火を安定させるのがなかなか難しいんですよねー。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソンカメラン

    カメランの北九州マラソン2015 その5
  2. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2013 その2
  3. マラソンカメラン

    カメランの第1回富山マラソン2015・その1
  4. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2012 その7
  5. マラソン応援

    第30回加古川マラソン2018・必死のパッチで応援その2
PAGE TOP