背景絵の話題

男鹿和雄展in兵庫

冬休みになる前に行かないと!ということで
行って来ました男鹿和雄展!

阪神岩屋駅で降りてえっちらおっちら海側へ向かって歩きます。
めさめささぶい(((( ;゚Д゚)))ガクブル
信号早く変われー変われーと思いつつ歩く歩く。

兵庫県立美術館です。

0912181

開館の10時に行ってないと人いっぱいかなとおもたけど
そうでもなくて10:30頃着いたけどすいていました。
まあ平日の真昼間ですからねえ。
就学前の子供連れ親子連れか、
50歳代以上のおばちゃんが多かったです。
そしておばちゃんたちはたいてい二人グループで
よーしゃべる
黙らっしゃい!ヽ(`Д´)ノ

しかし中身はしっかりどっかり堪能してきました。
やっぱりナマで見ると違いますねえ。
背景絵じゃなくて美術ボードが結構あるのですが、
この表に出ない美術ボードでこのクオリティ…(*´∀`)
見に来てよかった。

画集とDVDはすでに持ってるしな。
入場券とカレンダーセットだったのでカレンダーはしっかりゲット。

さて、岩屋駅まで戻ろうかどうしようかと考えて、
ここから山側の上り坂を歩いていけば
知っている場所あたりに着くだろうと言う事で
さぶいけど運動してみることにしました。

えっちらおっちら、
適当に歩いてから山側に向かって歩きます。
坂がかなりきついけどがんばって、
お、あの道かな。

前職場のまん前に出たわすげえΣ(´д`ノ)ノ

そこから三宮方面に向かってきょろきょろしつつひたすら歩きます。
1:40…
おなかすいた。
途中でご飯食べよう。

0912182

途中飾りつけしたフロインドリーブを見かけたので写真を。
そして中をちらっとのぞいて暖をとってからすぐ出る。
だって結構なお値段するんだもん(ノ∀`*)

結局1時間歩いて三宮まで来ちゃったので
三宮でご飯を食べました。
2時過ぎちゃったー。

0912183

さんプラザの長田タンク筋
そばめし定食680円(味噌汁漬物付)
+100円でぼっかけ、+50円で卵、とトッピングが出来ますが
何もしてないのである意味素そばめし。
時間が経つと鉄板側がカリカリになってきてウマー。
久々にそばめし食べました。

ウハウハドイツ一人旅10(zehn)ドイツ初の朝ごはん前のページ

クロウカシス 七憑キノ贄 感想其ノ五次のページ

関連記事

  1. 徒然2009

    姫路城よりデカイ!姫路に誕生した“巨大城”とは

    国宝・姫路城で有名な兵庫県姫路市に、4/19にまたも世界遺産級(!?)…

  2. 家族旅行

    初北海道・冬二人旅2日目初北海道大学初小樽

    1日目はこちら朝食は、昨日ブルクベーカリーで買ったパンです。カッ…

  3. 背景絵の話題

    男鹿和雄展 in兵庫

    ぶらぼーーーーー!! 東京でやるならせめて大阪でもやってくれ。…無理か…

  4. 風の探索者(ゲーム)

    風の探索者 大陸編~ETERNAL FLAME~(23日目)

    「氷の宮殿」その4町に帰ってきましたよ!ただいま~…

  5. 徒然2009

    オリオン座のベテルギウス、謎の縮小

    巨大恒星として有名なオリオン座のベテルギウスが急速に縮小しているらしい…

  6. 魔の甥っ子

    お盆だから

    私「昨日夜1時半ぐらいにお風呂に入ってたら、扉の外に白い影がふわーって…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • mya
    • 2009年 12月 19日

    酷い美術ボードってありますもんね~w(遠い目
    さすが男鹿和雄氏。

    • 明宮村
    • 2009年 12月 19日

    「う~ん、いい背景(タイトル見る)あ、美術ボードだった」
    というぐらいです。
    美術ボードと背景画を並べているのも多くて
    比べながら見るってのもできました。

    そういや「おもひでぽろぽろ」の山形駅の背景画のところに
    ほとんど人が立ち止まらない。
    普通に見るとあれ、写真飾ってんの?とオモタよ!
    よく見るとちゃんと絵なのに!

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. 徒然2017

    ラン友さん方と神戸ランチ(走りゼロ)
  2. マラソンカメラン

    カメランの富山マラソン2017 その2
  3. マラソンカメラン

    必死のパッチでカメランの第7回神戸マラソン2017 その6
  4. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2012 その7
  5. マラソンカメラン

    必死のパッチでカメランの第7回神戸マラソン2017 その1
PAGE TOP