読書の時間

「ちがうねん」ジョン・クラッセン

本屋さんに行って目当ての本を手にし、
レジまで行く途中の児童書のコーナーに平積みされていた
絵本のタイトルが目に入った。

「ちがうねん」

Σ(´д`ノ)ノ

なして関西弁!?

と思ったら作者外国人だし!
訳者が関西弁にしてるのか!

と、非常に気になったので手にとって見てみる。

どうやら、この表紙の小さい魚の一人称で話は進むようです。
そして、この魚のかぶっている帽子が、実はこの子のじゃないそうです。
それが

「ちがうねん」

なるほど、
「ちがうんだ。ぼくの帽子じゃないんだ」
という感じとは違う、関西弁ならではの雰囲気がいい感じです。

が、

この比較的可愛い絵と、簡単な一人称で進む話は


ちょっとミステリー((((;゚Д゚))))

本屋に寄ったらちょっと手にとってみてください。

 

ひとりで奈良観光ジョグ 後編前のページ

カメランの名古屋ウィメンズマラソン2013 その1次のページ

関連記事

  1. 読書の時間

    「自宅の書棚―本のある暮らし。本をインテリアとして生かす。」

    室内の絵を描いていて、本棚というのは結構重要。上手く描ければきゅっと引…

  2. 読書の時間

    どろろ(漫画)感想

    「どろろ」は、ゲームで興味を持ち、原作を読んだ派です。 ゲームでは大人…

  3. 読書の時間

    「十角館の殺人」綾辻行人

    とある動画を見てたら「この屋敷、ホントはナントカ館て名前じゃないのか?…

  4. 魔の甥っ子

    魔の三歳児-01

    家の玄関を出てすぐのところで倒れたシンビジュウムの鉢植え(かなり大…

  5. マラソンカメラン

    カメランのとくしまマラソン2013 その12

    カメのような速度でカメラ構えてフルマラソンカメランのとくしまマラソ…

  6. 読書の時間

    「纏足の歴史」高洪興(鈴木博訳)

    読んでいた少女漫画が、ちょい昔の中国が舞台で纏足の話をちょろっとだけ…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • NIBARIKI
    • 2013年 3月 04日 9:13am

    明ちゃん、この訳者さん、長谷川さん・・・
    知ってます。

    週1でTV[ちんぷい]にコーナーありますよね?
    面白いやつ~。

    あの絵本作家さんやね。
    なので関西弁も納得。

    気になる本やねん!!

    • 明宮村
    • 2013年 3月 04日 9:45am

    >NIBARIKI
    え、あのフラフラ散歩しながらスケッチするコーナーの
    あの作家さんですか!
    あ~なるほど!!
    顔は覚えていたけど名前覚えていませんでした。
    なんか一癖ありそうな作家さんですね。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソン応援

    京都マラソン2014 必死のパッチで応援
  2. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2013 その18(最終回)
  3. 登山

    ひとり富士登山2013 その3
  4. 登山

    ひとり富士登山2013 その10
  5. マラソン応援

    第5回大阪マラソン2015・必死のパッチで応援 その2
PAGE TOP