読書の時間

「自宅の書棚―本のある暮らし。本をインテリアとして生かす。」

室内の絵を描いていて、
本棚というのは結構重要。
上手く描ければきゅっと引き締まる。
しかし
オサレな背表紙がどうも描けない。
自分の部屋の本棚を見ても全然参考にならない。

そこでこの本です。

日本の部屋じゃないけども、
部屋の中で本棚がオサレになっている。
これはすごい。

こんな本もあるんだ~と感動しました。
素敵なインテリアになった本棚を見たい人はどうぞ。

フェルトのパン前のページ

ヤッターマン2008第十七話感想次のページ

関連記事

  1. 読書の時間

    「オズの魔法使い」L.フランク ボウム

    ウイキッドは3回観たけれどもオズの魔法使いの話をきっちり読んだことがな…

  2. 徒然2020

    「世界でいちばん美しい廃墟」

    「美しい」と冠するだけあって、美しいです。すでに解…

  3. 読書の時間

    「先生、子リスたちがイタチを攻撃しています!」小林朋道

    鳥取環境大学教授の人間動物行動学第三段です。 あいかわらず面白くて、ス…

  4. 読書の時間

    「日本人が知らない外国生まれの童謡の謎」

    童謡の謎シリーズです。外国生まれというのは作曲のところに 〇〇民謡 な…

  5. 読書の時間

    「明るい食品偽装入門」

    なんじゃこのタイトルは!?産地偽装して一儲けかあ? などという内容では…

  6. 読書の時間

    「最新ネーミングのための8か国語辞典」

    図書館でふと目に付いて読んでみた辞典です。4900円ですからねー、おい…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. 徒然2013

    ひとり富士登山2013 その9
  2. マラソンカメラン

    カメランの姫路城マラソン2018 その5
  3. マラソン応援

    姫路城マラソン2016・必死のパッチで応援 その2
  4. マラソンカメラン

    カメランのとくしまマラソン2013 その2
  5. 徒然2013

    ひとり富士登山2013 その5
PAGE TOP