読書の時間

「ボランティアバスで行こう!」友井 羊

 

東北で大地震が発生した。様々な支援が行われ、バスをチャーターして援助活動に参加する”ボランティアバス”も盛んに行き来していく。就職活動のアピールポイント作りのため、ボランティアバスを主催することにした大学生の和磨。震災で父が行方不明になった姉弟に出会った女子高校生の紗月。あることから逃亡するため、無理やりバスに乗り込んだ陣内。さまざまな人がそれぞれの思惑を持ってバスに乗り合わせる。彼らは目的を果たすことができるのか。被災地で出会った事件が、バスに奇跡を起こす。
カバー説明より

ミステリーで「奇跡」と行っても、
地震が無かったことになるとか
そういうファンタジーな展開は起こりません。

就職活動で有利になるかもという動機で
ボランティアバスを主催する大学生大石和磨君、
ある意味彼のせいで読者がころりと騙されます。
(大石君は別に騙そうとして行動しているわけではないです)
「金髪に近い茶髪で態度も軽そうに見える」、と
バスに参加したあらゆる人から思われる
大石君かわいそう(;´∀`)
ボランティアバスってのやってみよっかな~と
軽く考えている時に、
大学の友人たちに「すげえじゃん!」
「詳しいことが決まったら教えてよ!」と、
もてはやされてちょっと気分良くなっちゃって
そのままボランティアバスの
申し込みやら何やらを決定して、
大学の友人たちを誘ってみたら
「忙しいから」「金ないから」と、
誰一人として参加してくれなかったという
エピソードはめちゃリアル(;・∀・)

被災地のリーダー鯉崎さんの
「節度を守れば単位のためだろうが自分探しだろうが、
どんな動機だって構わないさ。
私たちは助けてもらって、
君たちは満足した気持ちを得る。
本来は、それでいいんだよ」
という言葉も深い。

話の合間に書かれている
「災害ボラバス体験記」も、
ただの物語じゃない
リアルなボランティア活動の
光と影について書かれています。

この物語の根底にあるのは
「恩送り:誰かから受けた恩を、
直接その人に返すのではなく、
別の人に送ること」

ノンフィクションの
ボランティアバス物語じゃなくて、
ミステリーなので、
読んでいる人の思い込みと
最終章でのどんでん返しが待っているのですが、
例えば「十角館の殺人」での
どんでん返しの一言を見た時は、
頭をガーンと殴られたような感じの
どんでん返しでしたが、
この物語でのどんでん返しの一言を見た時は、
それまで思い込んでたものが
キラキラとさらに光りながら
変わっていくような感じがしました。
心がほっこり暖かくなるどんでん返しなんて
初めてでした(*゚▽゚*)

中学生以上なら
読書感想文用の本としても
色々書けていいかもしれませんよ(ΦωΦ)フフフ…

 

「さえこ照ラス」友井 羊前のページ

甥っ子と夏休み旅行2016 前編次のページ

関連記事

  1. マラソンカメラン

    カメランの第2回おかやまマラソン2016 その5(最終回)

    2016年11月13日第2回おかやまマラソンをカメランしてきました…

  2. 家族旅行

    甥っ子と夏休み旅行2016 前編

    2016年8月24日~25日日本旅行のツアー申込み+九州ふっこうク…

  3. 読書の時間

    「I LOVEおにぎり365」

    パンより御飯派な方はこちら。普通のおにぎりからカラフルでゴージャスなお…

  4. マラソンカメラン

    カメランの第2回金沢マラソン2016 その3

    2016年10月23日第2回金沢マラソン2016に行ってカメランし…

  5. 読書の時間

    「I LOVEトースト365」

    トーストに塗るだけ、のせるだけってのからぬって焼く、のせて焼く、料理し…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソン応援

    第5回大阪マラソン2015・必死のパッチで応援 その6
  2. 徒然2019

    第9回神戸マラソン2019・必死のパッチで応援その7
  3. マラソンカメラン

    カメランの第2回金沢マラソン2016 その6
  4. マラソンカメラン

    カメランの姫路城マラソン2018 その2
  5. マラソン応援

    第4回大阪マラソン・必死のパッチで応援 その4 最終回
PAGE TOP