読書の時間

「学校では教えてくれない風景スケッチの法則-不透明水彩絵の具ガッシュをつかって描く」増山 修


この本は凄い!
風景画の本は色々出ているけれども
油絵だったり妙に抽象化されてたりといまひとつピンと来ないものが多い中、
不透明水彩という学校で普通に使われている画材に特化。

不透明水彩なので、アニメ背景みたいにはっきりぱっきりしてないですが、
ここ!というところを押さえてほんわか塗りだけれどもリアルさもあるという
なんとまあ素晴らしい絵の数々が載っています。
アニメ背景の、美術ボードみたいな感じですね。

小学生でよく習う、
木を描くときは点々と絵の具をのせてムラを作る、
なんて事は書いていません。

ものの形を図形に置き換えて捉える、
影の色、
構図、
雲、水、土、草、木、と、ポイントの説明をした後は
書き方のプロセス写真とギャラリー。

デジタルで描いててもこれはもう役に立つこと満載。
見てるだけでも飽きないわこれは。

で、奥付を見てみると
著者の増山氏は
スタジオジブリで背景美術、
時をかける少女で美術監督補佐
ミヨリの森で美術監督、
うーん、さすがの道のり。

まさに不透明水彩使用中の小中学生が見ても良いし、
絵を描きたいなーと思うならこの本持ってて損は無し!!

「パースの技法-マンガでわかる遠近法・構図」染森 健一前のページ

お盆だから次のページ

関連記事

  1. 読書の時間

    「殺人鬼」綾辻行人

    まず最初に言いますと「普通の人にはオススメできない本です」…

  2. 読書の時間

    「最新ネーミングのための8か国語辞典」

    図書館でふと目に付いて読んでみた辞典です。4900円ですからねー、おい…

  3. 読書の時間

    「海上自衛隊のめちゃうまカレーレシピ48」

    ただのレシピ本かな?と思ったら結構艦萌え本でした(*´▽`) 海上自衛…

  4. 読書の時間

    「えてこでもわかる般若心経」笑い飯哲夫

    信心深くもないけれども御朱印をもらうのに納経するべか、という軽い気持…

  5. 読書の時間

    「カソウケンへようこそ」感想

    カソウケンと言っても科捜研ではない、というこの本。錬金術は台所から生ま…

  6. 読書の時間

    「谷中レトロカメラ店の謎日和」柊 サナカ

    内容説明:東京下町の風情残る谷中にたたずむレトロカメ…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • みゃ
    • 2009年 8月 06日 1:56pm

    アニメの背景屋さんは偉大ですよー
    私も60歳近い方とご一緒に仕事した事在りますが、
    さすがというか何と言うか。
    弟子入りしたいと心から思いましたねー

    • 明宮村
    • 2009年 8月 06日 4:20pm

    実際の仕事をその場で見られるだなんて
    なんとうらやましい体験!!

    ビルとか街中だとデジタルの方が描きやすいけど
    やっぱし自然物のアナログ描きはいいねえ。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソン応援

    姫路城マラソン2017・必死のパッチで応援 その4
  2. マラソン応援

    第8回神戸マラソン2018・必死のパッチで応援その4
  3. マラソンカメラン

    必死のパッチでカメランの第7回神戸マラソン2017 その9
  4. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2013 その1
  5. マラソンカメラン

    カメランのとくしまマラソン2013 その7
PAGE TOP