ドイツ一人旅

ウハウハドイツ一人旅29( neunundzwanzig)行って満足ディンケルスビュール

ウハウハドイツ一人旅01はこちら
料金やなんかは2007年当時のものでございます。

2007年4月19日

ネルトリンゲンからの路線バス内。
ひとり乗ってた人が降りて、
ただいま貸切状態です。
こんな観光バスみたいな良い座席で、
40分の旅路。
列車とはまた違って街中の風景が見られます。
幸せ~(´▽`)
でも緊張は解けませんw

そして旅客列車は走っていないと言う
駅前のバス停に到着。
一応バスの運転手さんに確認。
私「(地図見せながら)
Entschuldigung(えんしゅーでぃごん)
ここどこっすか?(・∀・)」
運転手さん「うーん、ここ(駅前指差す)
街に行くならあっちの道ね
(みたいな事を言ってるっぽい)」
私「ダンケ!チュス!」

運転手さんの行った右に行かず
あえて左に行く私。
小さな川があり、
良い風景だなあ。

うわ~。゚+.(・∀・)゚+.゚
まさに旅をしてきて
小さな街にたどり着いた(ちゃらら~ん♪)
って感じだ。
そして今日も快晴、
暑くなりそう。

10:33
ネルトリンガー門到着。
計画より早くこの街に来てしまったけど、
なんか期待できそう(わくわく)

Noerdlinger通りを進みながら
マルクト広場を目指す。
可愛い建物!
しかし、やはりというか
めっちゃ石畳の街だな。
スーツケースがやばい。
なるべく静かに歩き、
段差のでかいところでは持って歩くようにする。

この町は、
建物の名前と、
通りの名前の表記が、
この字体で統一されています。
カッコイイけど、
読みにくい…(;・∀・)

街中は、石畳の補修中。
あちこち工事中です。

聖ゲオルグ教会

ここもGoldene Roseです(・ω・)
可愛い建物!
「Hotel Goldene Rose」公式サイト
中もめっちゃ可愛いですよ(>▽<)

ドイチェス・ハウス
さすがに木組みの美しさが群を抜いてるね。
「Hotel Deutsches haus」公式サイト
中もすんごいです。
そしてやはりちとお高め。

レストランのメニューは
どれどれ…
うっ、高い(;・∀・)

本日の宿、
「Hotel Palmengarten Garni」
写真真ん中のホテルです。
可愛い建物(*゚▽゚*)
昨日へこんだ思い出を
ぶっとばすほどのわくわく感に
満ち溢れております。
入り口は…、
…うむ、閉まっとるな。
こういう場合、
下がレストランのGasthofなら
絶対開いてるんだけどね~
今回小さなホテルは全部
Hotel Garniでレストラン無しだから。
インターホンがあるので必死に伝える。
私「ハロ~アイハブアリザヴェイション…」
ホテルの人「(なんかすごくしゃべってる)ワンセコンド…」
私「ワンセコンド?」一秒(・∀・)?
ホテルの人「そうそう、1秒で行くから待っててね!(みたいな雰囲気)」
と、すぐにホテルの人(女性)到着。
扉を開けてくれて、
中に入る。
「Y(名前)さんね~」と
書類を見た後、
荷物を持って階段を上る。
小さいホテルだと、
名前住所書かないところも多いな。
サインだけとか。

簡単に説明してもらい、
ようやく人心地ついた。
うわ、なんてメルヘンチックな部屋!
明らかにドッペルツィマーだよねここ。
「Hotel Palmengarten Garni」
客室22室
朝食ビュッフェ込み1泊€48(Booking.comで予約)

星なしだけど、すごーく快適に過ごせました。

バルコニーもあるよ!

外の扉を開ける鍵ももらってるので、
大丈夫。
街の真ん中だから、
観光しながら気軽に帰ってこれるね。

バスルームはピンク!うわ、可愛い

レセプション。
やっぱり人いない。
いいのかそれで。

ロビー。
お菓子がおいてあるので
後で疲れたら食べるぞ。

可愛い建物。
とにかくどこもかしこも可愛い。

町へ繰り出します。
早く町についたので、
今日の昼から明日の夕方
(ヨーロッパバスが来る)まで
いーっぱい時間があります。
やっほう!ヽ(´3`)ノ
ここの地図は日本語のもあって、
それを片手に街の道全部通ってやる!と
意気込んで出かけます。
通った道、マップに全部チェック。

なんとなく高台っぽくなっている街の西へ向かいます。
小さな教会があるよ。

穀物倉庫、かな。
ここも修繕中。

あちこち写真をビシバシ撮りながら、
歴史博物館へ到着。
€3
ぐるっと見て、あれ?これだけ?
他に入り口あるのかな、
と外に出てみるけどどこも開いてない。
戻ってきたら切符売りのおじさんが
「今開けたから(・ω・)(みたいな雰囲気)」
やっぱり鍵閉まっとったんかい!

中は古い展示物が多くてなかなかいい!

説明書きは読めないけど、
美しさはわかるよ!
1色刷りもできるけど、
版木を分けているので
2色刷りも出来るんですってことね。

古い家具。

刺したら傷口がグズグズになりそうな、
なみなみの剣、
丸い輪っかは、
首と両手首にはめておく枷、
そして椅子は…
明らかに拷問器具((((;゚Д゚))))

古い家財道具。
味があっていいね!

12:30
この間の初カフェ入店で
ちょっと勇気がわいたので、
昼ご飯はレストランに入ってみることにする。
「Hotel Weisses Ross」公式サイト
ここも上はホテルのガストホフ。

中は涼しくていいね。
レストランの扉は閉まってたけど、
中の人に「レストランOK?」
と言ったら開けてもらえた。
シェフの人を呼びに行く(らしい)ホテルの人。

中はこんな。わお、可愛いね。
まずは飲み物を頼む。例の…
アプフェルショルレを!
そしたらねーさんは「クライン?(小さいの)」と
訊いてくれるので小さいのを頼む。
そしてメインはシュニッツェル!
これは表のメニュー表で読めたから間違いない。
ドイツに来たのだから1度は食べておかないと!
これも小さいの?と訊いてくれたので小さいのを頼む。

そして料理はおばちゃんが運んできてくれた。
わーい、シュニッツェルだあ♪
この旅行で初のレストランで
出来たてのがっつりした肉料理だよ(感涙)
おいしかったです。
当然完食。
その他サラダもスープも頼んでないしね。
食後にコーヒーを頼みつつ同時にお会計も頼む。
アプフェルショルレ(小)+シュニッツェル(小)
+コーヒー=€8.40

20ユーロ札を出して
私「ノインオイロ、ビッテ!(9ユーロでよろしく)」
おお、通じた通じた(;・∀・)ホッ
コーヒーを飲みながらゆったりしていると、
おつりはおじいちゃんが持ってきてくれた。
ものすごく家庭的だなあ♪

元気回復したので再び街練り歩きに出発。

どこもかしこも可愛いねん(*´Д`)

こういうディスプレイは撮りたくなるなあ。

ウハウハドイツ一人旅30へ続く

関連記事

  1. ドイツ一人旅

    ウハウハドイツ一人旅36(sechsunddreißig)ニュルンベルクをうろうろ

    ウハウハドイツ一人旅01はこちら料金やなんかは2007年当時のもので…

  2. ドイツ一人旅

    ウハウハドイツ一人旅31(einunddreißig)小道まで制覇ディンケルスビュール

    ウハウハドイツ一人旅01はこちら料金やなんかは2007年当時のもので…

  3. ドイツ一人旅

    ウハウハドイツ一人旅19(neunzehn)ルードヴィクスブルク楽しんだ!

    ウハウハドイツ一人旅01はこちら料金やなんかは2007年当時のもので…

  4. ドイツ一人旅

    ウハウハドイツ一人旅34(vierunddreißig)ローテンブルクの素敵な博物館

    ウハウハドイツ一人旅01はこちら料金やなんかは2007年当時のもので…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソン応援

    第4回神戸マラソン・必死のパッチで応援 その1
  2. 徒然2018

    奈良マラソン2018・必死のパッチで応援 その2
  3. マラソンカメラン

    カメランの姫路城マラソン2015 その2
  4. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2013 その18(最終回)
  5. 徒然2018

    カメランの富山マラソン2018 その7
PAGE TOP