ドイツ一人旅

ウハウハドイツ一人旅13(dreizehn)ハイデルベルク到着

ウハウハドイツ一人旅01はこちら
料金やなんかは2007年当時のものでございます。

13:38
ハイデルベルクHbf(中央駅)に到着。
ピンクの花が綺麗だわ。

ハイデルベルク駅内

中央駅から少しだけ歩いたところにある、
ツーリストインフォメーション「i」に行きます。
観光客はまず「i」を目指せ。

目的は「ハイデルベルクカード」を購入すること。
ハイデルベルクカード2日券、€14
公共の乗り物と指定の美術館博物館などがフリーに。
指定されてる場所についてはパンフ参照。
1日券、2日券、4日券、家族2日券がある模様。
長い日にちであればあるほど無料の施設も増える。

旧市街に行くまでは
このカードは使えないのでバスで移動するのだけれど、
iの人がなんだか説明をしてくれるのだけれど
「わんゆーろ」しか意味がわからず、
なにが1ユーロかわからないけど
とりあえず券売機で
一番上のボタンで€2.10の切符を購入して
「BismarckPlatz」まで行く。
後からわかったんだけど旧市街に行くのなら
「City-Ticket」(一番下のボタン)€1で
よかったのね…。
それが「わんゆーろ」の意味だったんだ…。

「BismarckPlatz」に到着してから
ホテルを探し当てるまで
荷物をガラガラしながらちょっと迷う…。
もうちょっと詳しい地図を印刷してくるんだった。
それに、すごい快晴でとにかく暑い。

「BismarckPlatz」から
旧市街のメインストリート「Hauptstrasse」に入って
一番手前の路地、
「StAnnagasse」というところに入ると、
表の大通りの喧騒からちょっと離れた気分に。
あ、あった!「Hotel Goldene Rose」
ゴルデネローゼというホテル名は
あちこちにありますが
ここはハイデルベルクのホテルです。

「Hotel Goldene Rose」公式サイト
☆☆☆ホテル、客室33室、
朝食ビュッフェ込み
シングル1泊€70(Booking.comで予約)

観光に便利とはいえ
ちょっとお高いかな?と思ったのですが、
私的には€70にふさわしいくつろぎを与えてくれたので
大満足。゚+.(・∀・)゚+.゚

「アイハブアレザヴェイション」と、
印刷しておいた、
Booking.comの予約確認表を見せる。
「レセプションは24時間開いてて、
朝食はそっちの建物の上の階で朝7時から、
鍵はこれでリフトはそっちね(意訳)」
と説明を受けてわっくわくで部屋に向かう。

建物の中もすごーく綺麗。自分の部屋番号は50。
フュンフツィヒだな…フュンフツィヒ…(反芻)

うわお、綺麗で可愛い部屋
屋根裏部屋やん!

シングルっつっても、
スーツケース広げても十分余裕のある広さ。
家具も綺麗、感動。

バスタブは無いけれど、全然問題無し。

洗面台はこんな感じ。
手洗いでの洗濯にも十分の広さ。
ヒーターもついてるし
(ていうかどんなホテルにもついてたけど)、
タオルも可愛い。

いよいよ大通りへ繰り出します。
しかし、日向めっちゃ暑い…。
日陰側ばっかり選んで歩いてしまうよ。

このピンクの花、
なんの花なんだろう。

途中の本屋さんにて。
数独の特集エリアですよ。

ハイデルベルクカードで入れる、
「Kurpfaelzisches Museum」
(プファルツ選帝侯博物館)
奥はレストランになってるっぽくて
メニュー表も出てた。
入場料金大人€3、日曜休日は€1.80 
この内容でこれは安っ

Kasseにてハイデルベルクカードを見せつつ、
「OK?」って言ったらいいよ~と
そのまま通してくれた。

中はこんな絵画もあるけど

こういう家具を見たかったので大満足

いいね(´▽`)
しかも人がいないので静かで涼しくていいです。

すごい。

外に出て、
あちこちふらふらと見まくる。

こういう、
路地に入っちゃ写真とりまくってました。

有名な騎士の家。
さすがにここは観光客も多かった。
でもなんだか日本人の人たちに遭遇しない私。

ブリーフマーケン、
切手の自動販売機ですな。
とにかく切手は郵便局で記念切手探すから
これは必要ないかなと思いつつ写す。
この後必要になるとは思いもよらず。

ホテルに帰ってきてレセプションで
「ツィマー、フュンフツィヒ、Y(名前)!」
おお、通じた、よかった(´▽`)
ちなみに24時間オープンのはずの
レセプションですが
たまに閉まってて開いてても人が居ないこと多数。
ああ、小さいホテルだとこういうことがよくあるのね。

なんだか暑さでバテバテなんだけれども
とりあえずふと目に付いたパン屋さんに入り、
なんかフルーツ食いたい気分…と
フルーツデニッシュを選択。
€1.30
店員さんに「はろ~」と声をかけ
指差しながら「ダス、ビッテ!」
「ビッテ!」とお金を出し、
おつりをもらって「ダンケ!」
せっせとマイバッグに品物を入れつつ「ダンケ~」
店を出るときに「チュス!」
とにかくこれだけやっとけばなんでもスムーズでした。

お店でパンとかケーキを買うと、
紙皿にのっけて紙でふんわりと包装してくれる。
紙箱なんてなくていいね~

あとはドラッグストア(薬局ではない)で
オレンジ炭酸水(€0.59)購入して
ホテルに持ち帰り夕食にする。

シャワーを浴びて
寝る準備をととのえてから
テレビを見てるとなんと!
「ナイトライダー」をやっているではないか!
感動して激写w
もちろんオールドイツ語だから
名前部分ぐらいしかわからないけど
ある意味やることは決まっている
わかりやすいドラマなので無問題。
見たことない回だったのでうれしい。
ドラマが終わった時点で8時すぎ。


明日の計画をたてつつ、
ナンプレを解き解き、
おやすみ~

ウハウハドイツ一人旅14へ続く

関連記事

  1. ドイツ一人旅

    ウハウハドイツ一人旅39(neununddreißig)ヴュルツブルクの大誤算

    ウハウハドイツ一人旅01はこちら料金やなんかは2007年当時のもので…

  2. ドイツ一人旅

    ウハウハドイツ一人旅26( sechsundzwanzig)フュッセンのメイン・ノイシュヴァンシュタ…

    ウハウハドイツ一人旅01はこちら料金やなんかは2007年当時のもので…

  3. ドイツ一人旅

    ウハウハドイツ一人旅33(dreiunddreißig)ローテンブルク散策

    ウハウハドイツ一人旅01はこちら料金やなんかは2007年当時のもので…

  4. ドイツ一人旅

    ウハウハドイツ一人旅30( dreißig)堪能しまくりディンケルスビュール

    ウハウハドイツ一人旅01はこちら料金やなんかは2007年当時のもので…

  5. ドイツ一人旅

    ウハウハドイツ一人旅27( siebenundzwanzig)ネルトリンゲンでこてんぱん

    ウハウハドイツ一人旅01はこちら料金やなんかは2007年当時のもので…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソンカメラン

    カメランの富山マラソン2017 その3
  2. マラソン応援

    奈良マラソン2015 必死のパッチで応援 前編
  3. マラソンカメラン

    カメランの富山マラソン2018 その12
  4. マラソンカメラン

    カメランの北九州マラソン2015 その4
  5. マラソンカメラン

    カメランの第2回おかやまマラソン2016 その3
PAGE TOP