読書の時間

マズい日本語レストラン

ちまたにあふれる日本語本。
この本は、
「きつねうどんになります」
「ご注文は以上でよろしかったでしょうか」
という使い方を注意する内容ではなくて、

「直接的ののしり言葉ではないが
その中に潜む皮肉やイヤミを感じ取り胸をむかつかせるマズい日本語」
そんな言葉を出す相手にストレスを溜めてしまう。
それを分析解明、
その言葉を上手くかわして相手に返す受け答えを教えてくれます。

批判系
「……で?」
「意味わかんないし」
自己チュー系
「今日ヒマ?」
「私的にはナシかな」
大げさ系
「みんな言ってますよ」
「ウケるんですけど」
などなど全部で31

そしてお口直しに使える美味しい日本語も31

見開き2ページで分析、対処を説明。
書き方も面白いのでスラスラ読めます。
マズい日本語食わされてストレスを溜めているアナタ!
読んでみる価値ありです。

関連記事

  1. 読書の時間

    「風が強く吹いている」三浦しをん

    箱根駅伝に奇跡の出場を果たした寄せ集め陸上部の物語。存在は知…

  2. 読書の時間

    「スープ屋しずくの謎解き朝ごはん」友井 羊

    謎解き、と、タイトルはついていますが、怖い話ではありません。ス…

  3. 読書の時間

    「殺人鬼」綾辻行人

    まず最初に言いますと「普通の人にはオススメできない本です」…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソンカメラン

    カメランの第1回富山マラソン2015・その4
  2. マラソンカメラン

    カメランの富山マラソン2018 その3
  3. 徒然2015

    馬場コスモス祭り2015 まで往復ウォーク
  4. マラソンカメラン

    カメランの姫路城マラソン2015 その1
  5. マラソンカメラン

    カメランの第2回金沢マラソン2016 その8
PAGE TOP