読書の時間

「缶詰マニアックス」感想

戦闘糧食つながりで、缶詰本に興味をもってみました。

16×15センチの小さめの本なのですが、
綺麗な写真と92個の缶詰についての批評がこれまた面白い。
味について事細かに書いている缶詰もあれば、
デザインについて語ってる缶もある。
とにかく文章が面白くてオススメ。

たとえばとあるうずら卵水煮缶(業務用)は、
缶詰の側面にうずら一羽と卵3個のイラストが入っている。
そしてその缶詰の評がこれ

>「親鶉のつぶらな瞳に覚える罪悪感」
>どうして鶉の卵は淋しそうなのだろう(中略)
>そう、それは人間によって引き裂かれた親子の悲しみのせいだ。
>この缶からも、鶉の卵55~56個分の親鳥の嘆きが聞こえてくる。
>ああ、この空き缶はかわいそうで捨てられない。

ここではあえて詳しく書かないが、
92個目の缶詰の評にちょっとぐっと来たのは秘密。

関連記事

  1. 読書の時間

    「箱根0区を駆ける者たち」佐藤俊

    図書館で見かけたので借りました。この本に関する前知識ゼロ、…

  2. 読書の時間

    「風景を描く」山本二三

    いよいよ発売!3800円!…うっ、高い(;´∀`)と思わなかったわけで…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソンカメラン

    カメランのとくしまマラソン2013 その7
  2. 徒然2017

    初めてのエキストラ参加
  3. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2013 その2
  4. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2016 その7
  5. マラソン応援

    奈良マラソン2017・必死のパッチで応援 後編
PAGE TOP