読書の時間

「缶詰マニアックス」感想

戦闘糧食つながりで、缶詰本に興味をもってみました。

16×15センチの小さめの本なのですが、
綺麗な写真と92個の缶詰についての批評がこれまた面白い。
味について事細かに書いている缶詰もあれば、
デザインについて語ってる缶もある。
とにかく文章が面白くてオススメ。

たとえばとあるうずら卵水煮缶(業務用)は、
缶詰の側面にうずら一羽と卵3個のイラストが入っている。
そしてその缶詰の評がこれ

>「親鶉のつぶらな瞳に覚える罪悪感」
>どうして鶉の卵は淋しそうなのだろう(中略)
>そう、それは人間によって引き裂かれた親子の悲しみのせいだ。
>この缶からも、鶉の卵55~56個分の親鳥の嘆きが聞こえてくる。
>ああ、この空き缶はかわいそうで捨てられない。

ここではあえて詳しく書かないが、
92個目の缶詰の評にちょっとぐっと来たのは秘密。

機動戦士ガンダム00第19話 「絆」感想前のページ

「この方法で生きのびろ!―旅先サバイバル篇」感想次のページ

関連記事

  1. 読書の時間

    「案外知らずに歌っていた童謡の謎」

    童謡の謎シリーズです。これが一番最初かな? 第一章 こんなに哀しい童謡…

  2. 読書の時間

    「ちょんまげぷりん」荒木源

    ある日のNHKの「グレーテルのかまど」のタイトルが「ちょんまげぷりん…

  3. 読書の時間

    「先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!」感想

    鳥取環境大学教授の人間動物行動学、第二段です。タイトルがこれまた笑える…

  4. 読書の時間

    「90分で出来る工作集」海保洋司

    甥っ子が工作をするために借りてきた本。「90分で出来る工作集」海保洋…

  5. 読書の時間

    「ハリーポッターと謎のプリンス」J. K. ローリング

    発売してしばらくしてから図書館で借りて読んだんですが、こないだテレビで…

  6. 読書の時間

    「千日回峰行」光永覚道

    「千日回峰行」光永覚道(お師匠さん) 「千日回峰行…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソンカメラン

    カメランの富山マラソン2018 その5
  2. マラソン応援

    姫路城マラソン2016・必死のパッチで応援 その1
  3. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2013 その2
  4. マラソンカメラン

    カメランの第1回富山マラソン2015・その12(最終回)
  5. マラソンカメラン

    第1回神戸マラソン2011
PAGE TOP