読書の時間

どろろ(漫画)感想

「どろろ」は、ゲームで興味を持ち、原作を読んだ派です。

ゲームでは大人っぽい百鬼丸も、原作ではまだ子供。
(時代的に元服の年頃っぽいから、大人扱いだろうけど)
悩んで苦しんでいる様子がよく出てくる。
自分には何も無い何も出来ないと言っては泣き、
恋人を殺されては泣き、産みの親、弟の存在に心を乱され、
子供を捨てようとする親を叱りとばしては泣く。
手塚漫画の泣きシーンはぐっとくるなあ。

戦国時代という設定上、農民が理不尽にバサバサ殺される。
理不尽過ぎるんだけども誰も何も出来ない。
その中で、どろろはちゃんと怒る。
殺された幼い兄弟を葬る時に、
土をかける前に子供の頭をなでるというひとコマに泣かされる。
魔神に脅かされていた村を百鬼丸が魔神を倒して救っても、
今度は百鬼丸が異端扱いされて、礼も言われず追い払われる。
それに対して百鬼丸も何も言わずに出て行くんだけども、
どろろはちゃんと怒って泣く。
どろろのそういうところに百鬼丸も救われているんだろうなあ。・゚・(ノ▽`)・゚・。

打ち切りのような状態で終わってしまうけれども、
最後までちゃんとした形で読みたかったなあ、残念。

エピレーシック(14日目)前のページ

どろろ(ゲーム) プレイ日記その壱次のページ

関連記事

  1. 読書の時間

    「火定」澤田瞳子

    時は天平、舞台は都のある寧楽(なら)。長屋王の変のあと、多分736~…

  2. 読書の時間

    「こんなに深い意味だった童謡の謎3」

    童謡シリーズです。タイトルを一部抜粋 涙をさそう童謡たちせいくらべ こ…

  3. ゲームの世界

    どろろ(ゲーム) プレイ日記その十八

    第7章 無惨帳 つづき その先の階段を上ると天守閣。天守閣にてイベント…

  4. ゲームの世界

    どろろ(ゲーム) プレイ日記その六

    第二章「妖刀似蛭」その後 ま~た岩とびエリアを行かなくてはならないが、…

  5. 読書の時間

    「金の言いまつがい」ほぼ日刊イトイ新聞

    言いまつがい。つい、言い間違っちゃったアレですよ。 図書館で、おー、言…

  6. ゲームの世界

    どろろ(ゲーム) プレイ日記その十五

    第二章 妖刀似蛭 その後 まえに呪いどろろと戦った神社まで行くと、 第…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソン応援

    第5回神戸マラソン2015・必死のパッチで応援その1
  2. マラソン応援

    第9回神戸マラソン2019・必死のパッチで応援その5
  3. マラソンカメラン

    カメランの姫路城マラソン2018 その3
  4. マラソンボランティア

    2011大阪マラソンボランティア その1
  5. マラソン応援

    第3回神戸マラソン2013・必死のパッチで応援 前編
PAGE TOP