旅行

ルミナス神戸2でみなと神戸海上花火2015

15080901

2015年8月8日、
日帰りバス旅行でみなと神戸海上花火大会に行ってまいりました。
15080902
まずは三田ホテルにてランチバイキング
一度来てみたかったのですが遠いし。

15080903
バス旅行(バス3台分)がいっぺんに入るので、そりゃもう混雑する。

15080904
全然人が居ない所のをささっと取って、
あえて、人が引くまで待つというのも手。

15080905
ケーキは中の人がサーブしてくれるのを待つ方式なので、
綺麗にお皿に入れてくれる反面、待ち時間が長く。
でもデザート美味しかった(ノ´∀`*)

その後、三田プレミアムアウトレットに行くのですが、
滞在時間1時間。
アディダスで甥っ子ズの服購入して終了、
しかしとにもかくにも、外はめちゃ暑い(;´д`)ゞ

15080906
神戸メリケンパークオリエンタルホテル。
この角度で見るの初めてかも。

15080907
18:30から乗船開始、
ルミナス神戸2の中に入ります。

 

 

15080908
外で何時間も待つのは大変(・_・;)

15080909
19:05
汽笛を鳴らして、出向!
汽笛(・∀・)イイ!!ね

15080910
オリエンタルホテルは20周年。

15080911
港から離れます。
そこにいるのは警察の船。

15080912
ホテルの下の人凄いΣ(・ω・ノ)ノ
そして、上ではホテルのディナープラン(2万円前後)テラス席で花火を鑑賞の方々。
宿泊となるとその値段は…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

港からどんどん離れて離れて…

15080913
写真を撮ってもこんなんだから、撮らない┐(´ー`)┌
花火が開いてから音が聞こえるまで6秒ぐらいなので2キロぐらい離れている模様。
忘れたころに小さい音が聞こえるので、苦笑が漏れます。
しかしスマホで写真を撮りまくると画面がまぶしいので勘弁してほしいわ(-_-;)

この日は波が結構ありました。

15080914
21時過ぎ、帰港
と言っても、帰りのバス待ちなのでなかなか帰れません、待ちます。

15080915
モザイクの夜景。

家に帰ると日付代わってました(‘◇’)ゞ

陸側から見るのとは違って、夜景と花火が見られるのはなかなか良かったです。
めっちゃ小さくしか見えないというのは知っていたので、
思ったより大きかったかな(・∀・)
夜景クルージングなかなか良かったです。

 

甥っ子守で小豆島旅行 後編前のページ

甥っ子守の夏のバーベキュー2015次のページ

関連記事

  1. 家族漫画

    魔の二歳児-02

    下の甥っ子二歳当時の出来事。…

  2. マラソン応援

    奈良マラソン2015 必死のパッチで応援 前編

    2015年12月13日奈良マラソン2015に行って応援して…

  3. 読書の時間

    「アニメーターが教える線画デザインの教科書」リクノ

    これはすごいな! (゚∀゚)キャラと背景どっちも学べます。キャ…

  4. 旅行

    2014/5 ディズニーランドその4(最終回)

    ディズニーランドホテルシャーウッドガーデンレストラン、続きおま…

  5. マラソンカメラン

    カメランの姫路城マラソン2015 その5

    カメのようなゆっくりでカメラ構えて、フルマラソン。…

  6. 徒然2015

    ホテル阪急インターナショナル バイキング2015春

    ホテル阪急インターナショナルの「ナイト&デイ」でランチバイキングに…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ノリスケ
    • 2015年 8月 09日

    ワタクシたち、こんな海のイベントがあるとメッチャ忙しくって見たことありませんわ~

    • 明宮村
    • 2015年 8月 17日

    >ノリスケさん
    海の安全監視ありがとうございます( ̄人 ̄)
    おかんが、
    「警察とかで今日担当ここになったら家族にうらやましがられるんじゃうん?ラッキーちゃうん!?(゚∀゚)」
    と言ってはしゃいでいましたが、そうは行きませんよねヾ( ̄o ̄;)

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. 徒然2018

    マラソンマンガ 04
  2. マラソンカメラン

    カメランのとくしまマラソン2013 その3
  3. マラソンカメラン

    カメランの姫路城マラソン2018 その1
  4. マラソンカメラン

    カメランの北九州マラソン2015 その7(完結)
  5. 登山

    ひとり富士登山2013 その4
PAGE TOP