徒然2019

風が強く吹いている11話「こぼれる雫」感想

アニメ「風が強く吹いている」
原作小説、映画は堪能済。
アニメも面白い!
ってことで、感想を書いていこうと思います。
原作がらみのネタバレあり

雨の中の記録会からスタート。
ああ、6月なのね、と日本人なら思うところも
「海外の反応」では「なぜかずっと雨だね?」
双子とムサが公認記録クリア。
応援のキングが一人だけ跳ねてるが可愛い。
キングと言えば、
最初の頃は就活が上手くいかずにイライラしてたし、
駅伝の練習なんてやってられるか!
という態度でしたが、
まあ、当然ですよね(;・∀・)
そこんところの個々の葛藤も原作以上にかかれてて良い。
しかしキングは気の毒。
小説なら、
読者と他の住人が箱根駅伝について
知らない事とかマメ知識を披露するキャラだったのに、
その出番がない。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そして練習も雨の中。
普通の雨カッパで走るから汗と雨でびちゃびちゃ。
そんなしんどい日々でも大学は休まない神童。
コンビニでちゃんとお金を払って (笑)
サンドイッチを買うカケル。
整体院に通っているらしいハイジ
先生「一旦崩れたものは、焦らず地道に修正するしかないねぇ」
ハイジ「…」
これも、先生はただハイジの膝の事だけを言ってるんだけど、
ハイジの家の親子関係だったり、
陸上競技の事だったりそういうことも意味しているように感じる。

陸上競技雑誌の表紙が藤岡だったので
思わず買ってきちゃうハイジ。
そういえば藤岡って原作では丸坊主ですよね(゚∀゚)
夕方の練習も、雨。
いつもは計画をてきぱきと決めるハイジが、
なんとなく悩み模様。
びっちゃびちゃになって走って、鶴の湯。
ニコちゃん先輩の体重も順調に絞れている。
陸上部の後援会もなかなか人とお金が集まらず、
カツカツの状態。
インカレの話題が出たところで
陸上競技雑誌の話をするハイジと、
立ち読みしていたのであろうカケル。
藤岡のインタビューシーン、
ここで妙に目立つ記者のおっさんがいて、
認識していないとラストでもやもやが残ります。

ハイジ「カケル、長距離選手に対する一番の褒め言葉、わかるか」
カケル「『速い』…ですか」
ハイジ「いや、…『強い』だ」
カケル「『強い』…?」
その後夕飯の支度をしながらの会話。
ハイジさんも色々思うところがあって悩み中。
それより、カケルに包丁の正しい持ち方を
教えてあげて。・゚・(ノ∀`)・゚・。
素直に今の状況を「不安です」と言えるカケルと、
不安な気持ちがあってもぶつける場所がないハイジ。

ニコちゃん先輩の力を借りて、
陸上部のホームページを作る神童。
ニコちゃん先輩の針金人形がアップで映った(*゚▽゚*)
ひと通りつくりおわり、
もう寝ようかっていうことになり、
ニコちゃん先輩「分からないことがあったら遠慮なく起こせよ」
という先輩、優しい。・゚・(ノ∀`)・゚・。
そしてやっぱりそのままホームページ作りを続ける神童。
ムサ「無理、しないでくださいね(´・ω・`)」
神童「大丈夫だよ、ムサ(´▽`)」
走る技術とか陸上に関する表側の忙しさが表面化した前回のハイジ、
そして今回は、裏方でアレコレ作業をする忙しさを見せた今回の神童。
これが、箱根駅伝当日のアレにつながるんだから
さらっとこういうエピソードを入れておくのは(・∀・)イイ!!

そして原作では「愛想を尽かされそう」と、
ふわっと語られただけの神童の彼女、
別れを告げられてしまいました(´・ω・`)
そして雨の中のトラック練習、
練習の終わりを告げるハイジに
追加の練習を頼む神童
神童「今は、とにかく走りたいんです!」
泣き顔は映らないけど泣いているとわかる神童。
雨の雫と涙の雫が「こぼれる雫」
何かを察して1番に
「じゃ、俺も」と着いて行くユキ。
やっぱアオタケのお兄ちゃんや。・゚・(ノ∀`)・゚・。
原作の中では一番好きなのよね、ユキ。
髪型刈り上げだとは思ってないけど(;・∀・)
2番手に着いて行くのは神童大好きなムサ。
なんだかんだとみんな、走る。

アオタケに戻ってから、
神童の走り方についてアドバイスするユキ、
王子の部屋のランニングマシーンで調整するカケル。
ユキ「別に。気づいたことを言っただけだし」
その後まだホームページ作りをするという神童。
笑顔で無理してるなぁ(;∀;)
そんな神童に付き合うユキとカケル。
神童「ああ!深夜の作業は目に悪いなぁ!」
ここでも泣き顔じゃないけど泣いてるのがわかる神童。

寛政大学長距離陸上部に
取材をしようとしているおっさんが出て来た。
カケルを知っている模様。

そして次の記録会。
案の定ちょっかいをかけてくる榊。
榊も高校生の頃は、
速いカケルが憧れだったのよね。
カケルのライバルになりたくて
カケルにライバルと認めてほしかったのよね。
でもカケルは全然自分を見ないわ、
カケルが事件を起こして大会に出られなくなるわ、
そらあんな態度もとりたくなるよね(;´д`)
そして神童に「君と勝負するつもりはないから」
と言われ、心で泣く榊(笑)

この回の後、
ほぼ1か月の休み。
第2クールがはじまります。
楽しみ。

風が強く吹いている10話「僕たちの速度」感想前のページ

風が強く吹いている12話「夏のいたずら」感想次のページ

関連記事

  1. 徒然2019

    風が強く吹いている10話「僕たちの速度」感想

    アニメ「風が強く吹いている」原作小説、映画は堪能済。アニメも面白い!…

  2. 徒然2019

    ダイヤモンド・プリンセス クルーズ復路片道旅行その8

    大型客船にお安く3泊、1日当たり7000円でお食事食べ放題クルーズ…

  3. 徒然2019

    ホテル川久に泊まってみた2019・その2

    元・会員制超高級リゾートホテル「川久」に泊まってみた!その1はこちら…

  4. 徒然2019

    甥っ子ズと島根旅行2019・その5

    甥っ子ズと一緒に、特急やくも・スーパーはくとに乗れる「山陰めぐりパス…

  5. 徒然2019

    姫路城マラソン2019・必死のパッチで応援その9

    2019年2月24日姫路城マラソンを必死のパッチで応援して来ました。…

  6. 徒然2019

    ダイヤモンド・プリンセス クルーズ復路片道旅行その1

    まずは兄からの電話から始まった。兄「大型客船のクルーズ旅行に行かない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソン応援

    第6回大阪マラソン2016・必死のパッチで応援・後編
  2. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2016 その6
  3. マラソンカメラン

    カメランの富山マラソン2018 その14
  4. マラソンカメラン

    第9回赤穂シティマラソン大会2019
  5. 徒然2018

    淀川寛平マラソン2018・必死のパッチで応援 中編
PAGE TOP