DVDをみてみよう

「時効警察」感想

いやはや、おもろいと思ってたけども予想通りの面白さで満足に終了した時効警察、
DVDにおいておけばよかった。でもDVDBOXを買うかは未定。
好みは分かれるだろうあのゆるーい笑い、
毎週楽しませていただきました。
いやしかし
播州弁が出てきたときはさすがにぶっ飛びました。
まあ、播州の人たちみんなが「それ違う」と思っただろうけど
方言について語っても意味無いので省略。
それより「姫路出身?姫路!」にも笑った(*´▽`)
十文字さんが姫路出身かよ!というか
「姫路」のイントネーションにびっくりした。
標準語ではたいていめじ、となるのに
ちゃんと(?)したイントネーションだったもんなぁ。

それにしてもオダギリジョーの人気はすごい。
「サトラレ」もよかったけど、またこういうドラマがあるといいな。

関連記事

  1. 読書の時間

    「風が強く吹いている」三浦しをん

    箱根駅伝に奇跡の出場を果たした寄せ集め陸上部の物語。存在は知…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソンカメラン

    カメランの尼崎市制100周年記念あまがすきハーフマラソン 後編
  2. マラソンカメラン

    カメランの第2回金沢マラソン2016 その5
  3. マラソンカメラン

    カメランの赤穂シティマラソン大会 その6(最終回)
  4. 徒然2018

    魔の甥っ子ズ-06
  5. 徒然2019

    奈良マラソン2019・必死のパッチで応援 その6
PAGE TOP