徒然2013

ひとり富士登山2013 その6

ひとり富士登山六合目~七合四尺山小屋。

その1 準備編はこちら

13081949
さてこの日の出館からわらじ館までは、20分との表示。
私の超スロー登山でどのくらいかかっているかがよくわかる。

上のちょっとでっぱり、あそこを目指します。

13081950
でっぱりが近づいてきた~。

13081951
15:00
わらじ館さん到着!
20分のところを30分かけた。
1.5倍ならまあいいんじゃないか。

イケメンの山小屋にーちゃんにお出迎えしてもらって
疲れもあっという間に吹き飛ぶってもんだわ+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚

本日のお泊りは
御殿場口7合4尺 ナナヨンわらじ館

定員40人 1泊2食付7500円
ホームページのリーフレットを印刷して持っていくと、
ペットボトル飲料を1本もらえます。

御殿場口の他の山小屋より500円お高いのですが、
ここでペットボトル(500円相当)を頂けるのなら
麓から持っていかない分いいんじゃない?とオモタ(・∀・)
ここではヴァームをいただきました。

途中でお会いした御殿場口出発の登山者さんと若者4人グループとも合流。

13081952
ブラシを借りて、足元の砂埃を払います。
宝永山登りで真っ白ですよ。
これが嫌な場合はスパッツをつけていくことをオススメします。

13081953
すぐ向こうに見えるのが、砂走館さん。

中に入って宿泊費を支払い、
わらじ館ピンバッチを買い、
その後寝床に案内されます。

「今日は人が少ないんで大の字で寝てください~(>▽<)」
私「やったあ(((o(*゚▽゚*)o)))」

寝床の様子は

13081954
一番奥の場所を頂いたので、
壁にもたれかかってちょいと描いてみました。

座っての目線なので、そんなに高さは無いですよ。

13081702
パソコンで色をつけてみました。

13081703
枕の数から言って、
こんな感じで寝るのだと思います。
枕の横には寝袋も置いてあって、足元に掛け布団もあります。
他の山小屋が100人単位の定員なのに比べると、
少人数なのが( ・∀・) イイネ!
わらじ館さんを選ぶ登山者はやっぱそこに惹かれて来ています。

13081704
もし40人満員だとこんな感じで寝るのかな。

そして、私の泊まったこの日はなんと!

13081705
この空間独り占め(* ̄m ̄) ププッ
ただ、寝袋に入って寝たので大の字にはなれませんでしたが。

ご飯の時間まで、足のストレッチをしながら、
御殿場から登ってきたにいさん話しをする。
なんと偶然にも同じ兵庫県から(・□・)
山登りが趣味で、今後お子さんと一緒に富士山を登るとしたら
まったく登ったことのない状態ってのは不安なので
「ちゃんと下見してきて!」と奥さんからのお達しにより登りに来たという。

13081956
17:00
本日の予約は11人で、まだ3人は到着してないということで、
8人で夕食です。
若者4人グループでひとつのテーブル、
そしてこちらには私と、兵庫県のにいさんと、
岐阜県からの男女2人というメンバーでした。

岐阜の2人はプリンスルートだったので
私「宝永山の登りしんどかったですよね~(;´□`)」
「そうそうそうそう!(>▽<)」
この話題は鉄板。
色々話をしてめっちゃ楽しい夕食でした。

13081957
カレーはレトルトじゃなくてすっごく美味しいです。

13081958
スープも付くよ!
カレーはお代わり自由です。
食べようと思えば余裕でお代わり出来たんですけど、
食べすぎで寝つきが悪くなったらイヤだな~と思って1杯にしておきました。

私は山小屋前ご来光なので、その後に小屋で朝食ですが、
山頂ご来光を目指すなら朝2時に出発したらいい、
という山小屋の方の意見で、私以外はみんな2時出発。
夕御飯のあとに、パンと飲み物とゆで卵をもらっていました。

13081959
17:28
外の景色を見るために外にです。
影富士見れたよ!

13081960
17:41
そして、岐阜の2人といろいろしゃべるまくりました(>▽<)

消灯は8時だったのですが
その前にみんなさっさと寝床に入って、めっちゃ静か。
消灯後も、いびき一つ聞こえない。
寝床も最初は寒かったけど寝袋に入ってたら快適。

しかし、

快適だからといってすぐに寝付けるとは限らない。

…寝付けなかった…orz

うとうとはするんだけど寝付けなかった。

山小屋にいるのを忘れるほど快適だったんだけどね~(;´▽`)

ひとり富士登山2013 その7へ続く。



ひとり富士登山2013 その5前のページ

ひとり富士登山2013 その7次のページ

関連記事

  1. マラソンカメラン

    カメランのとくしまマラソン2013 その9

    カメのような速度でカメラ構えてフルマラソンカメランのとくしまマラソ…

  2. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2013 その11

    カメのような速度でカメラ構えてフルマラソンカメラン。名古屋ウィメン…

  3. 読書の時間

    「風が強く吹いている」三浦しをん

    箱根駅伝に奇跡の出場を果たした寄せ集め陸上部の物語。存在は知…

  4. 徒然2013

    ひとり富士登山2013 その2

    ひとり富士登山前日。その1準備編はこちら家を7時すぎに出発し、お盆…

  5. アナログゲーム

    ボードゲーム・セレクタ社「妖精さがしゲーム」

    ドイツのゲームです。ドイツ名はサイコロ小人英語名はドワーフとサイ…

  6. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2013 その2

    カメのような速度でカメラ構えてフルマラソンカメラン。名古屋ウィメン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソンカメラン

    カメランの赤穂シティマラソン大会 その5
  2. マラソンカメラン

    カメランの北九州マラソン2015 その7(完結)
  3. 徒然2013

    ひとり富士登山2013 その10
  4. マラソンカメラン

    カメランの姫路城マラソン2015 その3
  5. マラソンカメラン

    カメランのとくしまマラソン2012 その8(最終回)
PAGE TOP