読書の時間

「アリス殺し」小林泰三

この著者の他の本を読みたいなと思ったら無かったので

これを借りた、という具合に何の前知識も無しに読み始めたコレ。

タイトルのアリスという名前、
表紙の絵、
正しく不思議の国のアリスだな~と思って読み始めるのは正解。
不思議の国のアリスを全く知らずに読むのは
ちょっと分からなさすぎであかんかも。
知ってるとは言え私なんぞは
子どもの頃に子供用の本で読んだ知識しかありませんでしたけど、
それでも十分理解できました。
ま、知らんこともいくつかありましたけど、
不思議の国ではそうなんだなと思えば無問題。

・不思議の国の夢を見た栗栖川亜里(くりすがわあり)が、
なんか変な夢ずっと見てるな~と思って夢日記をつける

不思議の国での話が進んだ後、
現実世界(地球)での話が進むという感じ。
夢の時間に向こうに行っている感覚なので、
時間は交互に進んで同時進行はしない。

・不思議の国で、トカゲのビルがアリスに合言葉を伝える
→ 地球で、井森建(いもりけん)が栗栖川亜里に合言葉を言う

・不思議の国でハンプティダンプティが塀から墜落死
→地球で王子玉男(おうじたまお)が 墜落死

・井森が、自分は向こうではトカゲのビルで、
王子はハンプティダンプティだったという説明。

ということが序盤に起こり、
読者も登場人物も、
なんかこの二つの世界繋がってる!Σ(゚д゚;)
向こうで死んだらこっちで死んじゃう!Σ(゚д゚;)
ということにまず気づくわけですが、
この時点で著者の術中にハマッてしまってます。

普通、小説で登場人物の会話だと、
〇〇が言った「・・・・・・・・・・」
だの、
「・・・・・・・・・・・」××はこう答えた
だの、誰が言ったか説明が入るもんですが、
この物語の中ではよく、
会話が、会話だけのカギカッコの羅列でポンポンと続いていく
不思議の国でよくある
不毛な会話がリピートされるこのイラッとした感じがよく出ます。

不思議の国と地球がリンクしていることは確かだけれども、
本の中でもちゃんと説明されているのが、
・こっちで賢くても向こうではとてもバカってこともある
・地球と不思議の国との精神のリンク具合は
個人差が大きいので記憶が曖昧なとこもある
・向こうで動物こっちで人間ということもあるし姿かたちが似ているとも限らない
・向こうで男こっちで女ということもある
・不思議の国の住人はとにかく頭がおかしいのが普通で、行動がデタラメ

不思議の国でハンプティダンプティ殺しの容疑を掛けられてしまったアリス、
このままでは向こうで死刑になってこっちでも死んでしまう!!Σ(゚д゚;)
ってことで、井森と栗栖川が推理と真相究明に乗り出します。

この本をやる気で読むとしたら注意するべきところは、
・犯人はうそをついている
・登場人物が悪気なく勘違いしている
・勘違いをあえて積極的に訂正してなかったりする

ってところでしょうか。
最後まで読んでから最初から読み直すと、
あー、ここかー!!( ̄Д ̄;)
ってとこがいくつも出てきて面白い。

推理の協力者が殺されるとかなりショックよね(´・ω・`)
(致命的ではないネタバレ反転)
そして、タイトル通り「アリスは殺されます」(´・ω・`)
(致命的ではないネタバレ反転)

あと、終盤に出て来る、
犯人視点の殺人の情景はかなりエグイです酷いです((((;゚Д゚))))

この本を読んだ翌日に偶然にも、
出かけたのが「栗栖川」沿いを通る道で、
何度も「栗栖川」の看板を見るというなんか複雑な感じ(ノ∀`)タハー

以下、本を読むつもりの人は読んじゃいけないネタバレ

上の文章ではちゃんと、大きなネタバレ、
「栗栖川亜里がアリスと思わせておいてそうじゃない」
というとこを書いてませんよ( ̄∇ ̄)v
こっちの世界で栗栖川亜里とハムスター
不思議の世界でネズミとアリス
つまりアリスが懐に入れている間に
話を聞いているのが栗栖川亜里。

ここが序盤に惑わされる最初の試練だと思うんですよね

井森がトカゲ、
王子玉男がハンプティダンプティ(たまご)
なら栗栖川亜里はアリスだと、と、
誰に言われるでもなく読者は確信しちゃう。
井森が、
「アリスと亜里って雰囲気めっちゃ似てるよね(゚∀゚)」
と言いまくるし、
一応亜里は誤解を解こうとしているんですが
さりげなく邪魔が入ってその話が出来ない。
亜里が警察には自分の正体を言わないでおこうとした時に、
「こっちの世界でアリスの証言を得るのは難しいですよ」
って言ってるんだけど、
亜里(私は話すつもりはないです)
じゃなくて
亜里(ハムスターに証言は無理っしょ)
って意味なんだと理解した時も おおっΣ( ̄ロ ̄lll) でした。

あと、警察の人2人がやたら、
三月うさぎとマッドハッターに似てるのもやられたね。

不思議の国の住人ってみんななにかしらおかしいので、
一番最初のページで白兎が「どいてくれメアリーアン!」と言った時も
メアリーアンなんてここに居ねえよ(;´д`)
と思っただけですが、そこに答えがあるんですよね~。

手びねりで作ったうつわ。前のページ

魔の二歳児-02次のページ

関連記事

  1. 読書の時間

    「ボランティアバスで行こう!」友井 羊

    東北で大地震が発生した。様々な支援が行われ、バスをチ…

  2. 読書の時間

    「I LOVEトースト365」

    トーストに塗るだけ、のせるだけってのからぬって焼く、のせて焼く、料理し…

  3. 読書の時間

    「歌になった「にっぽん昔話・伝説」の謎」

    童謡の謎シリーズです。昔話の謎という本はいろいろありますが、あくまで歌…

  4. 徒然2015

    ホテル阪急インターナショナル バイキング2015秋

    ホテル阪急インターナショナルの「ナイト&デイ」でランチバイキングに…

  5. アナログゲーム

    ボードゲーム・ハバ社「Monza(カーレース)」

    ドイツ、ハバ社のゲームです。対象年齢:5歳~大人プレイ人数:2…

  6. 旅行

    手びねりで作ったうつわ。

    去年、甥っ子守の岡山旅行で倉敷アイビースクエアに行きまして、…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. 徒然2018

    魔の甥っ子ズ-06
  2. マラソン応援

    淀川寛平マラソン2017・必死のパッチで応援 後編
  3. マラソンカメラン

    必死のパッチでカメランの第8回大阪マラソン2018 その7
  4. マラソンカメラン

    カメランの第1回淀川寛平マラソン2013 その3
  5. マラソンカメラン

    カメランの丹波もみじの里ハーフマラソン その2
PAGE TOP