読書の時間

「1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記」感想

あっ、文庫版は表紙が違うんだ!

5月23日のおもいっきりイイテレビで
2008年5月23日、木藤亜也さんが鳴くなって20年、というのをやっていました。
20年かあ…。

「1リットルの涙」を読んだのがもう20数年前、
小学生の時、夏休みの感想文を書くのに本を買おうといろいろ見て、
ふと、これを選んだのを良く覚えています。
物語とか憶測ではない、内情を吐露した日記。
病気が進行していく不安や苦しみが伝わってくる。
 ついに言われてしまった。
 子供を連れた親が車椅子の自分を見て言った。
 「○○ちゃんもいい子にしてないとあんな風になっちゃうよ」
未だに覚えてるほどショックな一文です。
その事を母親に伝えた亜也さんに亜也さんの母親が良い事言うんです。
子供の頃読んだときは、
自分がもし治らない病気だとわかって、
こんなに強く生きられるかなと思った。
今は、もし自分に子供ができて、その子供から尊敬されるような親になれるだろうかとも考える。

亜也さんが亡くなった時、
小さい記事でしたが新聞に載ってその事を知りました。
ショックというかなんというか、
本の中ではずっと生きてるのに、と思ったというか、
子供ながらに複雑でした。

少し前に、ドラマにもなりましたね~。
中身は見てませんが、
自分の本が元でドラマになるって亜也さんが知ったら
びっくりするだろうな~、
どんな感想を言うのかな~と思いました。

そういえば何でも影響されやすい私はこの本を読んだ時、
よし、私も日記を書くぞ!と思い立ちました。

全然続かなかったけどね!!

ヤッターマン2008限定版感想前のページ

ヤッターマン2008第十三話感想次のページ

関連記事

  1. 読書の時間

    「骨髄ドナーに選ばれちゃいました( ̄Д ̄;)」

    骨髄提供を決意した「鉄」氏の詳細な体験レポートをもとに、骨髄提供経験者…

  2. 読書の時間

    「カソウケンへようこそ」感想

    カソウケンと言っても科捜研ではない、というこの本。錬金術は台所から生ま…

  3. 読書の時間

    「ハリー・ポッターと死の秘宝」J. K. ローリング

    いやあ最終巻ですね。すごいもんですね、これは。児童書でありながら最後ま…

  4. 読書の時間

    「この方法で生きのびろ!―究極サバイバル編」感想

    本の帯に書いてある言葉は「怒ったゴリラも核テロも生きたままの埋葬ももう…

  5. 読書の時間

    「千日回峰行」光永覚道

    「千日回峰行」光永覚道(お師匠さん) 「千日回峰行…

  6. 読書の時間

    「怖い絵2」

    怖い絵第二弾です。 絵なんか見ないしあんまし知ってる絵はないなー。 な…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. 徒然2013

    ひとり富士登山2013 その6
  2. 徒然2018

    奈良マラソン2018・必死のパッチで応援 その7
  3. マラソンカメラン

    カメランの第1回淀川寛平マラソン2013 その3
  4. 家族漫画

    魔の三歳児-02
  5. マラソンカメラン

    カメランの第18回大阪・淀川市民マラソン その4
PAGE TOP