読書の時間

「骨髄ドナーに選ばれちゃいました( ̄Д ̄;)」

骨髄提供を決意した「鉄」氏の詳細な体験レポートをもとに、
骨髄提供経験者、白血病患者、医療経験者らが骨髄移植のあるべき姿を、
本音で語り合う。
インターネット匿名掲示板「2ちゃんねる」だからこそ書くことができた、
骨髄提供者達の真実の声!
( ̄Д ̄;)

これは面白くてためになる。
普通の「ドナー体験記」の、ドナー体験はこんな感動的でした!
ってなもんじゃなくて、
いろんな人の意見がいっしょくたになっている。
もちろん煽りもあり。
2ちゃん特有の言語表現が飛び交い、顔文字が縦書きになってたりもしますがw

しかしこの人はすごいわ。
たいていなるべく家の近くの病院になるようにしてもらうもんだけど、
空港近く、という指定があるために車で長時間かかる病院まで何度も行って、
こりゃ大変だったろうなあ。

私もドナー登録はしてますが、マッチングのお知らせはまだ一度も来たことがありません。
なかなか無い型なんだろうか、と自分が病気になったときのことを心配してみたり(´・ω・`)

 

宝塚宙組公演「逆転裁判2」前のページ

なぜマスクをするのか日本人!自分だけ良ければの島国根性次のページ

関連記事

  1. 読書の時間

    「この方法で生きのびろ!―究極サバイバル編」感想

    本の帯に書いてある言葉は「怒ったゴリラも核テロも生きたままの埋葬ももう…

  2. 読書の時間

    「十角館の殺人」綾辻行人

    とある動画を見てたら「この屋敷、ホントはナントカ館て名前じゃないのか?…

  3. 読書の時間

    「絶対に出る世界の幽霊屋敷」

    226ページ、がっつり写真集です。幽霊に関する記述は少な目。廃墟…

  4. 読書の時間

    「ちょんまげぷりん」荒木源

    ある日のNHKの「グレーテルのかまど」のタイトルが「ちょんまげぷりん…

  5. 読書の時間

    「インドなんて二度と行くか!ボケ!!…でもまた行きたいかも」さくら剛

    これが出版された頃、雑誌なんかで旅行記ブログを書籍化。すごく面白い!と…

  6. 読書の時間

    「カソウケンへようこそ」感想

    カソウケンと言っても科捜研ではない、というこの本。錬金術は台所から生ま…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • みゃ
    • 2009年 5月 22日 2:36pm

    びっくりした。。。
    選ばれちゃったのかと思っちゃいましたよーーー(汗
    表紙にmilkが沢山あるのは何故でしょうか??

    あと…やっぱり痛いのですかね??<痛がり

    • 明宮村
    • 2009年 5月 22日 7:20pm

    と思われるのではと思って
    タイトルにカギ括弧つけたのだよw

    MILKの意味はわかりません。
    健康にしとけ、ってことでしょうか。

    骨髄に針を刺すときは全身麻酔ですから痛くない。
    痛いのは
    検査の採血
    自己輸血のための採血
    麻酔後
    カテーテル除去後
    …こんなとこらしいですが。

    こないだのギックリ首とかぎっくり腰なんかとくらべたら
    献血の針の痛みなんて一瞬だから全然マシ、
    なんて思っちゃうよ。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソンカメラン

    カメランの赤穂シティマラソン大会 その6(最終回)
  2. マラソン応援

    奈良マラソン2018・必死のパッチで応援 その3
  3. マラソンカメラン

    カメランの名古屋ウィメンズマラソン2012 その6
  4. マラソン応援

    淀川寛平マラソン2014・必死のパッチで応援 前編
  5. マラソン応援

    第8回神戸マラソン2018・必死のパッチで応援その3
PAGE TOP