読書の時間

「インドなんて二度と行くか!ボケ!!…でもまた行きたいかも」さくら剛

これが出版された頃、雑誌なんかで
旅行記ブログを書籍化。すごく面白い!と紹介されてて
ふーん、中身は分からんけどおもろいタイトルだなあと思っていた。

そして読んでみた。

ナニコレめっさおもろいやん!

ブログ的文章が馴染めないという人には向かないかもしれないけれども
インドに興味あってもなくても面白い!

インドに到着するまでの文章ですでに何度も笑い、
インドに行ってからも笑いがそこここに盛り込まれていて
ページめくるたびに笑ってました。

インド人を罵倒しているようで、そうではない。
なんだかんだ言いつつインドがインド人が好きなんだよなあ。

姉「めっちゃおもろいなあ。インドに興味わいたわ。…行きたかないけど(´▽`)」
私「トイレとか怖いよね(゚▽゚)」

これを読んでインドに行きたくなるかどうかは別の話。

献血車で献血前のページ

ドラクエやってる次のページ

関連記事

  1. 読書の時間

    「グラツィオーソ」山口 なお美

    帯より「数年前まで県大会突破すら考えられなかった弱小吹奏楽部が謎の美人…

  2. 読書の時間

    「うえきばちです」川端 誠

    絵本ですよ。字も少ないですよ。でも子供の頃にこの絵本を見たらトラウ…

  3. 読書の時間

    「世界でいちばん美しい廃墟」

    「美しい」と冠するだけあって、美しいです。すでに解…

  4. 読書の時間

    「えてこでもわかる般若心経」笑い飯哲夫

    信心深くもないけれども御朱印をもらうのに納経するべか、という軽い気持…

  5. 読書の時間

    「この方法で生きのびろ!―究極サバイバル編」感想

    本の帯に書いてある言葉は「怒ったゴリラも核テロも生きたままの埋葬ももう…

  6. 読書の時間

    「1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記」感想

    あっ、文庫版は表紙が違うんだ! 5月23日のおもいっきりイイテレビで2…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • みゃ
    • 2009年 9月 21日

    なんかB型の人間はインドに行くと
    帰ってこられないくらい心地いいらしいですよー。

    私?むろんB型です。

    • 明宮村
    • 2009年 9月 22日

    むむ、そうなのですか。
    私は普段B型っぽいと言われるO型ですが。

    …インドと聞いてタージマハルしか思い浮かばんわ。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. 徒然2018

    LINEスタンプ続編作りました
  2. マラソンカメラン

    カメランの姫路城マラソン2018 その3
  3. マラソンカメラン

    必死のパッチでカメランの第7回神戸マラソン2017 その4
  4. マラソンカメラン

    必死のパッチでカメランの第8回大阪マラソン2018 その12
  5. マラソン応援

    第3回神戸マラソン2013・必死のパッチで応援 前編
PAGE TOP