読書の時間

「ハリー・ポッターと死の秘宝」J. K. ローリング

いやあ最終巻ですね。
すごいもんですね、これは。
児童書でありながら最後まで売れましたもんね。

そしてこの巻を簡単に言うと
ダンブルドアの過去
スネイプの過去
ネビルの現在
こんな感じでしょうかw

以下ネタバレあり

ダンブルドアの過去
死んでからこんなに過去話がわんさか出てくるとは思いませんでしたな。

スネイプの過去
まあ、ダンブルドア側のスパイで間違い無しと思ってたので驚きはなかった。
だって
ダンブルドアの最期の言葉が「Severus please…」でしょ。
どう見ても「どうか助けてくれ」じゃなくて「どうか殺ってくれ」だし。
ずっと疑ってたベラトリックスねえちゃん、当たってたのよ貴女w

ネタバレなんかで、
「スネイプの死に様がつまんねーヽ(`Д´)ノ」
とかあったのでどんなんだと思っていましたが、そうでもなかった。
最期の最期までヴォルデモートからまったく疑われなかった、
他の死喰い人にバレもしなかった死に様天晴れと思いましたね。
ナギニに殺らせたら、次の杖の主人はナギニじゃん。
というのはおいといて、
「アブラケタブラ」だったら即死だから
ハリーに記憶を渡せなかったもんね、うん。
あんだけがんばったから、最後は全部ばらすなんて
結局わかって欲しかったんじゃんwwww

それにしても
ネビルのかっこよさはたまらんかったね
ネビルは化けるとずっと思ってはいたけど
想像以上のかっこよさ(*´д`*)ハァハァ
どんだけ酷い目に遭ってきたんだと想像もできないほどの怪我っぷり。
死喰い人の攻撃をさらりとかわして逃げたばあちゃんもかっこよかったし、
ばあちゃんからがんばれって手紙をもらったって嬉しそうに話すネビルが可愛くて。
グリフィンドールの剣を取り出してナギニのくびちょんぱするシーンなんて
この巻の主人公は君だ!と言い切るね。
ハリーが自分に言った事をやり遂げなければ!と思ったんだな
と思うと涙が(ノ_<。)
あと、マクゴナガル先生をはじめとする学校の先生の活躍もよかった。

これの映画は観てないのですが、
子役が最終話まで演りきったってすごいと思う。
最初の頃ダニエル・ラドクリフは全部の章は演らない
とか言ってたんだよね。

最終巻の原書版買ってるんだけど、
結局日本語版を図書館で借りて読みました(ノ∀`*)

「舞い」のマンガいろいろ前のページ

劇団四季「オペラ座の怪人」京都公演次のページ

関連記事

  1. 読書の時間

    「自宅の書棚―本のある暮らし。本をインテリアとして生かす。」

    室内の絵を描いていて、本棚というのは結構重要。上手く描ければきゅっと引…

  2. 読書の時間

    「谷中レトロカメラ店の謎日和」柊 サナカ

    内容説明:東京下町の風情残る谷中にたたずむレトロカメ…

  3. 読書の時間

    「ニッポン「もの物語」-なぜ回転寿司は右からやってくるのか」夏目 幸明

    これはおもしろい!前にここで紹介した「工場マニア!」がいろいろな工場見…

  4. 読書の時間

    「セクシィ古文!」田中貴子・田中圭一

    このタイトルだけだと、ふーん、セクシィなのかあ。って感じですが、実際は…

  5. 読書の時間

    「箱根0区を駆ける者たち」佐藤俊

    図書館で見かけたので借りました。この本に関する前知識ゼロ、…

  6. 読書の時間

    「カソウケンへようこそ」感想

    カソウケンと言っても科捜研ではない、というこの本。錬金術は台所から生ま…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • mya
    • 2011年 8月 14日

    ネタバレになると思っていてみなかったこの日記。w
    スネイプ先生、切なすぎる~。
    分かって欲しかったんですねー。

    ネビル化けましたなw
    蛇切るシーンなんて無茶苦茶かっこよかったですよ。
    あのネビルがここまで成長するなんて…

    もちろんマクゴガナル先生も大好きです。

    あー、これで終わっちゃったんだな~
    しみじみ。

    • 明宮村
    • 2011年 8月 14日

    ネタバレバレです。
    映画も観たいっす。

    映画のスネイプ先生役の人、
    映画オファー受けた時に
    この最大の秘密を作者から全部聞いてから、
    演ることに決めたって書いてた。
    だから賢者の石からずっと、
    それを心に秘めて演じてたのね(*´▽`)ポ

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソン応援

    奈良マラソン2016 必死のパッチで応援
  2. 登山

    ひとり富士登山2013 その3
  3. 徒然2018

    マラソンマンガ 03
  4. マラソンカメラン

    カメランの富山マラソン2018 その3
  5. マラソンカメラン

    必死のパッチでカメランの第9回大阪マラソン2019 その5
PAGE TOP