読書の時間

「こんなに不思議、こんなに哀しい童謡の謎2」

童謡の謎シリーズです。
今回は
哀しい童謡、
恐ろしい童謡、
不思議な童謡、
妖しい童謡、
という4つの大まかな流れで紹介されています。

ピックアップして説明してみると
哀しい童謡、
線路は続くよどこまでも
 アメリカ開拓民の歌だった。
 ♪線路の仕事はいつまでも
 ♪線路の仕事は果てがない…

恐ろしい童謡、
とうりゃんせ
 行きはよいのに、なぜに帰りは怖いのか?
あんたがたどこさ
 煮て焼いて食われたのは誰だったのか

不思議な童謡、
大きな古時計
 ほんとうにあった古時計

妖しい童謡
一寸法師
たなばたさま
 …ただただエロいです

誰でも知っている歌だからこそ、
作者のこととか裏の意味なんて知っちゃうと、
ちょっと深いぞ。

「本当は戦争の歌だった童謡の謎」前のページ

「歌になった「にっぽん昔話・伝説」の謎」次のページ

関連記事

  1. 読書の時間

    新聞バッグ

    新聞の中の広告です。カラーでなかなかいいデザインの広告があると、それ…

  2. 読書の時間

    「探テク 失くしたモノをゼッタイ見つける方法」感想

    探し物はなんですか~♪と、歌いながら読みたくなるこの本、電車の切符を電…

  3. 読書の時間

    「箱根0区を駆ける者たち」佐藤俊

    図書館で見かけたので借りました。この本に関する前知識ゼロ、…

  4. 読書の時間

    「ハリーポッターと謎のプリンス」J. K. ローリング

    発売してしばらくしてから図書館で借りて読んだんですが、こないだテレビで…

  5. 読書の時間

    「殺人鬼」綾辻行人

    まず最初に言いますと「普通の人にはオススメできない本です」…

  6. 読書の時間

    「纏足の歴史」高洪興(鈴木博訳)

    読んでいた少女漫画が、ちょい昔の中国が舞台で纏足の話をちょろっとだけ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 登山

    ひとり富士登山2013 その8
  2. マラソンカメラン

    カメランの北九州マラソン2017 その1
  3. マラソンカメラン

    カメランの第1回淀川寛平マラソン2013 その7
  4. マラソンカメラン

    必死のパッチでカメランの第8回大阪マラソン2018 その7
  5. マラソン応援

    奈良マラソン2018・必死のパッチで応援 その10
PAGE TOP