徒然2019

風が強く吹いている21話「さよなら、美しきこの世界」感想

アニメ「風が強く吹いている」
原作小説、映画は堪能済。
アニメも面白い!
ってことで、感想を書いていこうと思います。
原作がらみのネタバレあり

早朝のユキからスタート。
読売新聞、寛政大最下位でボロクソ書かれてます。
神童も起きてきました。
ユキのサポートをちゃんとやる神童。
やる気にはなってても不安なユキ。
神童の励まし。
神童「大丈夫ですよ、先輩は区間賞だって狙えますから」
ユキ「もっとリアリティのある励まし方しろよ」
神童「先輩は、やると言ったことは必ず成し遂げる人なんです」
神童の声が優しくてしみる。
ユキ「昨日、こんな風にお前を支えてやることができたら…」
神童「え?」
ユキ「俺は役立たずだ…」

OP

ホテルで天気予報を見ているジョージ。
ホテルのロビー背景に、
新年のお飾りが見えるね(・∀・)
朝から軽く走ってきたカケル。
ハイジが走っていないことに疑問を感じるカケル。
実はホテルの部屋に、往診に来てもらってた。
カケル「足ですよね、何かあったんですよね、
いつからおかしいんですか!」
ハイジ「何もない。念には念を入れただけだ」
カケルがめっちゃ心配する気持ちもわかるけども、
ハイジさんポーカーフェイスで絶対に本当の事は言わない方針。
走るのを止められるだろうし、
カケルの走りに影響出るだろうしね。
ハイジさん、絶対に本音を言わない笑顔の仮面かぶっちゃった。

タイトル「さよなら、美しきこの世界」

日テレでは箱根駅伝の特番2日目、
六道大の藤岡に9区を走らせて逆転を狙っていると解説。
復路のメンバー表を見る大家(監督)
大家「まあ、そう来るわな」
神童「みんなに報告して来ます」
働く神童、復活。
大家「六道にしてみれば、作戦通りという事か」
雪の降る背景がめちゃ美しい。゚+.(・∀・)゚+.゚

王子「じゃあ、僕とハイジさんは鶴見へ」
ジョージ「俺とカケルは戸塚へ!」
ハナちゃん「大手町で、待ってます!」
ハイジ「楽しみにしている」

復路スタート秒読み開始、
1番スタートは房総大。
2番の六道大の選手、
えらい細かく動作を描写されてるなと思ったら、
実在の選手をモデルにしてるらしい。
名前も似せて(・∀・)
寛政大は10分後の一斉スタート組。
ハイジ「復路では見た目の順番と
タイム上の順位が異なる場合が出てくるという事」
これがややこしいんですよね、
近くを走っている大学も、
実際の順位はかなり離れているとかねー(;´・ω・)
一斉スタートの時が来る。
ユキのベンチコートを預かる神童。
神童「大手町で!」
ユキ「大手町で」
ユキ、スタート。

ユキのスピードが速いと心配するカケル。
ジョージ「信じようよ。ユキさんを信じるしかないって。
言ってたよ、ハナちゃんも。信じるしかないって」
カケル「ハナちゃんが?」
ジョージ「そう、ハナ…あ、いや、ハナちゃんがね(まっかっか)」
ジョージ「あああのさ!俺、好きだからね、ハナちゃんのこと!」
タクシー運転手の目線がちらちらしてるの、細かいw
カケル「知ってるよ」
ジョージ「え!?なんで知ってるのおおお!」

ユキの下りの走りを、
足を後ろからとらえたアニメーション結構迫力あるぅ。
呼吸のたびにでる白い息とか、いや~タイヘンだ。
日テレ「寛政大にバイク!定点で拾いながら追いかけるよ!」
走っているところだけじゃなくて、
日テレ放送部の、誰をどうやって撮影するかとかの
裏方が描かれてるのも(・∀・)イイ!!ね
下りで重心を下に向けて走るとかもうね。
ユキ(この5kmが1キロ2分40秒ペース。
あり得ない。平地じゃ絶対でないスピードだ。
そんな速度で走れるヤツなんて…。…いた!)
常に前を走るカケルの姿を想うユキ。
ユキ(なあ、カケルよ…、あんまり遠くへ行くな。
お前の目指す場所は美しいよ。
でも寂しすぎる。
生きた人間には、到底耐えられないほどに…)

沿道の歓声が耳に入ってきて我に返るユキ。
ユキ(あぶねえ、集中だ、集中!)
「ゆきひこー!」
はっと沿道を見るユキ。
母「ゆきひこー!」
妹「にいちゃーん!」
義父・妹「「がんばれー!」」
母「ゆきひこー!」
沿道で一生懸命応援する家族の姿。
走っている呼吸が感極まった感じになる、
声優さんの演技スゴイ(;・∀・)

ユキの回想。
母一人子一人で頑張ってきた高校時代に、
母から告げられる再婚&できちゃった婚。
義父さん優しそうな人やで(・ω・)
アニメだから色々端折られちゃってるけど、
ユキ「ゴメン…母さん…」
で雪解けをすべて表現仕切っちゃったね。

ニコちゃん「ユキー!!」
小田原中継所で待つニコちゃん先輩。
襷がつながる。
ニコちゃん「やると思った!」
ユキ「へへっ」
膝をつくユキにタオルをかけるジョータ。
ジョータ「ユキさんすげえよ!あと2秒で区間賞だよ!あと2秒!」
ユキ「2秒…」
ジョータ「すごいよユキさん!」
ユキの足、血がにじんだシューズが映る。
ユキ「永遠に縮まらない、2秒だよ…」
ただでさえ坂道、雪が降って靴と靴下が濡れると
そりゃ足裏の皮もむけるよな(´・ω・`)
アニメ向けの大げさじゃなくて
外からわかるほど靴に血がにじみ出るそうです。

アイキャッチ、見返りニラ「わふ」

7区を走るニコちゃん先輩。

出走前のハイジとの電話。
ハイジ「思う存分走ってください」
ニコちゃん「まあ見てろ、期待しない程度にな」

自分の前を走る東体大選手の、
陸上向きのスマートな体型を羨ましく思うニコちゃん。
東体大選手 と競り合って走るニコちゃん。
ニコちゃん(やべえ、楽しい!
これだよ!こんな風に走りたかったんだよ俺は)

高校時代陸上部のニコちゃん先輩回想。
ガタイがデカくて、
長距離は諦めて他の種目にうつった方がと言われる。
顧問「投擲とか、生きると思うんだ、そっちの方が」
先生は悪くない、ちゃんと見てたから言える事だ。
走るのが好きだったからこそ、
走ることを否定されて、気持ちが切れた。
大学に入ってからはタバコを吸って
ダラダラと過ごしていた。
そこへ現れる1年生ハイジ。
1年生ハイジ「選手、でした。中高ずっと長距離を」
ニコちゃん「走るんならここじゃねえだろ。
なんで?遅えの?」
1年生ハイジ「遅いというか…弱いんです。」
ニコちゃん「はあ?」
1年生ハイジ「弱いんです、俺」

ニコちゃん(少しも弱くねえじゃん。
いや、強くなったのか、4年もかけて、お前は)
ニコちゃんもよわよわハイジの頃から
知ってる人だもんね(;∀;)
大家「ニコチン!聞こえるか!ニコチン!」
手をあげて答えるニコちゃん
ニコちゃん(それじゃあただの中毒だろじじい…)
寛政大は見た目のは13位の位置に
正味の順位は16位と伝える大家。
ニコちゃん(ユキがあんだけ走ってもか…!)

平塚中継所、
出走を待つキングとサポートのムサ。
榊「箱根は今年で最後になりそうですね」
はい、出てきました榊君(・∀・)
またもやあおって来る榊君。
カッパを来て、
視線を下向きにしゃべる榊君は、
口調とは裏腹に緊張を紛らわせようとしているようにも見えます。
こっちはええ迷惑やけどな(・∀・)
ムサ「わかりませんよ。
東体大だってシード権ギリギリのところにいますよね」
榊「俺が全員抜いてやる」
ムサ・キング「!?」
榊「前を行く連中全部俺が叩き潰す!」
キング「まずは楽しもうや。ウチの清瀬がよく言ってるよ。
『速いだけじゃダメだ』ってな」
榊「綺麗事だ。勝つことが全てだ!」

ニコちゃん先輩、走りながらアオタケのみんなを想う。
ありがとな、もう一度走らせてくれて。
ありがとな、ほんとのこと言ってくれて。
ありがとな、一緒に走ってくれて!
今日で俺は最後だ。
この世界は美しすぎる。
でもいいんだ、愛情は変わらない。
今も、これからも。
走ることが好きだ、愛してる。
声優さんの優しい演技(´;ω;`)
ニコちゃん(未練は全部、この道に置いて行くんだよ…!!)
今日を最後にもう走らないふたりが、
同じく「美しい世界」と称している。

平塚中継所で同時に待つキングと榊。
ニコちゃん「負けんなよ!」
キングの背中をおして送り出すニコちゃん。
ムサ「上げました!上げましたよ順位!」

現在房総大が1位、
1分半以上の差をつけて、2位が六道大。
戸塚中継所でアップしているカケル。
そこに現れる六道大の藤岡。
藤岡「蔵原、俺はここで区間新記録を出す」
カケル「…!」
優勝を義務付けられている六道大の
キャプテンとしてのプレッシャーの重さを語る藤岡。
カケル「ならオレは、その記録を塗り替えます!
藤岡さんが記録を持っていられるのは、
多分10分くらいだと思います」
原作でもここのセリフ好っきゃねん(・∀・)
藤岡「六道は必ず勝つ。
同時に俺は自分自身と、
蔵原、お前に勝ってみせる。
お前は俺に、何を見せてくれる」
良い関係のふたり。
ジョージ「カケル~、キングさんが…」

アナウンサー「東体大1年榊浩介が凄まじいスパート。
ルーキーの鮮烈なデビュー」
キング(くそっくそっ!)
キング、すっかり自分の走りを見失っちゃってます。
ここが、例えば神童とかユキとかニコちゃん先輩とか王子なら精神攻撃に揺さぶられないんだろうけど、キングだからな~(;・∀・)
ニコちゃん先輩の「負けんなよ」は、
自分に負けんなよって事だっただろうに。

来週は「寂しさを抱きしめろ」

いよいよ、キングからカケルですよ(`・ω・´)

風が強く吹いている20話「壊れても」感想前のページ

苔玉作り次のページ

関連記事

  1. 徒然2019

    甥っ子ズと島根旅行2019・その5

    甥っ子ズと一緒に、特急やくも・スーパーはくとに乗れる「山陰めぐりパス…

  2. 徒然2019

    甥っ子ズと島根旅行2019・その2

    甥っ子ズと一緒に、特急やくも・スーパーはくとに乗れる「山陰めぐりパス…

  3. アニメの話

    アニメ ペルソナ4第12話感想

    いや~、面白かった!!(>▽<)元々ゲームのアニメ化だから、話は知っ…

  4. 徒然2019

    姫路城マラソン2019・必死のパッチで応援その6

    2019年2月24日姫路城マラソンを必死のパッチで応援して来まし…

  5. 徒然2019

    淀川寛平マラソン2019・必死のパッチで応援その3

    2019年3月3日淀川寛平マラソン2019を必死のパッチで応援して来…

  6. 徒然2019

    風が強く吹いている23話「それは風の中に」感想

    アニメ「風が強く吹いている」原作小説、映画は堪能済。アニメも面白…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. マラソンカメラン

    カメランの第1回富山マラソン2015・その11
  2. マラソンカメラン

    カメランの姫路城マラソン2015 その2
  3. マラソンカメラン

    姫路城から大阪城100kmウオーク2016・後編
  4. マラソンカメラン

    カメランの第2回金沢マラソン2016 その13
  5. マラソンカメラン

    カメランのとくしまマラソン2013 その4
PAGE TOP